2021/1/16~17 金比羅山&堂満ルンゼ中央稜


1日目に京都金比羅山でアイゼントレーニング。
2日目は堂満ルンゼ中央稜を登ります。

両日とも天気は良いとは言えませんが、風は弱くて助かりました。
堂満ルンゼ中央稜は人気ルート。
順番待ちが出来ていました。


RIMG2007
アイゼンを履いて金比羅山のY懸尾根。
この時期のこの雨の中、登っているのは僕たちだけ。


RIMG2011
Y懸の頭に到着!


RIMG2012
手が届きそうな近くに虹(^o^)


RIMG2014
懸垂下降で沢に下りて、そのまま下山。


RIMG2015
2日目(17日)
雪の無い「イン谷口」を出発。

イン谷口?
この地名に何か怪しげな雰囲気を感じるのは僕だけか。


RIMG2017
ちょっと取付きを通り過ぎて下りる。
下から正規のラインで登ってきたパーティと同時に着いて恥ずかしかった(-_-;)


RIMG2018
中央稜の取付き。
雪がほぼ全く無いんやけど…


RIMG2020
このルンゼは落石が非常に怖いですね。


RIMG2021
怖ーいルンゼを抜けたら少しほっとします。


RIMG2022
第一支稜に乗ってから、急登を登り詰めると山頂!


RIMG2023
山頂からは琵琶湖が眼下に広がります。


RIMG2024
ここだけ見ると積雪が多いな~と思います。


RIMG2027
これも凄い名前の峠だ。
山名にもありますね。
そちらは「金糞岳」


RIMG2028
雪が少なくて12本爪アイゼンでは歩きにくい(~o~)
でも凍結が多いので、結構下までアイゼンで粘りました。

アルパインルートは条件が一緒ではないのが、魅力の一つでもあると思います。
だから同じルートでも何度も行きたくなります。
今度はもう少し雪の着いている中央稜も登りたいですね。

お疲れ様でした!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>