2018/9/19~20 上高地


久々の家族旅行で上高地へ。
何回も訪れている場所ですが、やっぱり素晴らしい場所です(^_-)
子供と一緒の時間を過ごせて、自然に癒される。
良い休暇となりました。


20180919122308_p
「大正池」
実母から「立ち枯れた木は無いの?」と聞かれました。
やはり大正池は、立ち枯れの木のイメージが強いようです。


20180919142210_p
ホテル白樺荘のリニューアルされたオープンテラスは、穂高岳を望みながら食事が出来ます。


20180919144241_p
この河原は息子のお気に入り♪


20180919155513_p
六百山と霞沢岳。
ルミエスタホテル前からの撮影。


2018/8/4~6 クラック尾根


友人のMさんと滝谷のクラック尾根へ行ってきました。
終了点が北穂高小屋に突き上げるルート!
滝谷の中では人気ルートのひとつ。

岩の脆さを除けば、楽しいルートです♪
高度感がある脆い箇所は、超怖かったですが…


DSCF0825
1日目(4日)
上高地は今日も賑わっています。


DSCF0829
明神岳はいつもカッコイイ!


DSCF0835
徳澤園で野沢菜チャーハンを食べました♪
腹が減っては滝谷へ行けぬ!


DSCF0848
今日は涸沢まで。
凄い賑わいでした。
テラスも椅子取りゲームになってました。
赤いシャツの人、落ちそうやん…


DSCF0858
2日目(5日)
北穂南稜を上がっていく途中、常念岳から日が昇りました。
緊張が少しづつ高まっていきます(~_~;)


DSCF0884
北穂高小屋を過ぎて、縦走路の途中から悪名高いB沢を下降します。


DSCF0902
アプローチは尾根末端を回り込む方法も有るようですが、尾根のどのあたりに取付きがあるか把握していないと難しい。
僕たちはフィックスロープと懸垂下降~登り返しをする方法を選択。


DSCF0916
やっとクラック尾根取付きに到着。
ここまでも結構苦労します…
滝谷の懐に入ったという感覚で感慨深いものがあります。


DSCF0928
バックに笠ヶ岳も入りましたね(~_~;)
画の構図にまで気を回してる余裕は無かったのです。


DSCF0940
B沢を挟んで見える大キレットからの縦走路を通過している登山者が見えます。
こうして見ると凄い所を通っているんですね(@_@)


DSCF0941
ハイライトの「ジャンケンクラック」
右ルートの少しワイドクラックのほうもトライしてみたかったのですが、プロテクションを上手く設置する自信が無く左ルートへ。

この後も落石に怯えつつ小屋を目指します。


DSCF0978
小屋直下に出て終了!
Mさんと握手をして、張り詰めていた緊張が解け安堵感に包まれます。
当然、乾杯!!


DSCF0988
3日目(6日)
やっぱりこの風景ですね♪
槍の穂先が凛々しい!


DSCF1006
北穂高小屋から上高地へ長い道のり。

本谷橋で休んでいると、マロンおじさんが涸沢までのツアーをガイドしていました。
長い下山に少しアクセントが欲しいところで、本当に絶妙なタイミングでした。
Mさんと二人で「やっぱり持ってるな~」と感心しました。


DSCF1010
徳沢でまた野沢菜チャーハンを食べて、徳沢ソフトクリームで締める。
王道パターンになりそうだ。


DSCF1016
嘉門次小屋にも立ち寄りました。
完全に観光モード。
昨日の緊張感との落差が面白い♪


DSCF1022
ひらゆの森で汗を流してサッパリ。
無事登れた達成感と心地良い疲労感、充実した3日間となりました。
Mさん、ありがとうございましたm(_ _)m


2018/7/14~17 長次郎谷~早月尾根


長次郎谷から早月尾根に登ってきました。
前から繋げたいと思っていたルートです。
少し寄り道もしていますが、充実の剱合宿となりました♪
また来年も出来たら良いですが…(^_^)v


DSCF0585
う~ん、絶景ですな!


DSCF0591
八ツ峰六峰のフェースを登っている人達もいました。


DSCF0622
長次郎谷上部の雪渓の状態が悪く、少し時間が掛かりましたが無事登頂!


DSCF0649
これが見たかったんです!
「試練と憧れ」
この短い言葉に自分なりに感銘を受けています。


2018/7/3 神崎川


台風の影響が出る前に神崎川本流へ行ってきました。
水量が多くて面白かったです♪


IMG_20180703_102232
ここはさすがに巻きました(・・;)
明るい渓相で水も凄い綺麗で暑い日にまた訪れたいです!


2018/6/26~27 浄土山


26~27日で立山へ。
今シーズン初かな!?
この時期はまだ落ち着きが有りますね。


DSCF0365
1日目は浄土山周辺を残雪のトレーニング。
やっぱり他の山域と比べると、残雪が多いですね。

2日目は暴風雨。
早々に下りました。


2018/6/25 沢遊び


今年は沢も少し取り組みたいと思います。
マロンおじさんと鈴鹿の沢へ行ってきました。


IMG_20180625_130528
外気温は30度を超えていましたが、水は冷たく気持ち良かったです♪


2018/6/12~18 休暇


梅雨時期に1年に一度の家族でまとまった休みを取っています。
今回は「電車の旅」
子供が電車が大好き(^^)
電車を乗り継いで北海道へ行ってきました。


P1110140
「ノロッコ」という釧路湿原を走るトロッコ列車です。
この時は寒気が入って寒いぐらいでした。


P1110173
埼玉県さいたま市の鉄道博物館です。
名古屋のリニア・鉄道館はすぐに行けるけど、さいたまは中々来れないですから。

良い休暇を過ごしました。
また1年頑張ります!!


2018/5/16~18 トレーニングデイⅡ


今度は北海道の友人と一緒にトレーニング。

マロンおじさんと岳沢でのトレーニング後、所用があり、一旦自宅へ戻ってます(^_^;)
洗濯が間に合いません(笑)


DSCF0136
天狗沢。
初夏だとお花畑になるあたりでしょうか!?


DSCF0160
逆相スラブ。
この後、友人にアクシデントがあり、間ノ沢から急遽エスケープ。

来週はいよいよ検定本番。
やれるだけの事はやりましたので、後はぶつかるのみ!!


2018/5/14~15 トレーニングデイⅠ


またまたマロンおじさんとトレーニングで岳沢へ。
いつもトレーニングお付き合いありがとうございます。


DSCF0117
西穂高~奥穂高の稜線。
随分と雪が融けていますね。


DSCF0131
時々、コントロール出来てんのか!?
とつっこみたくなるぐらいスピードが出てます。

あっという間に西穂高沢の下部へ。

また宜しくお願いしますm(_ _)m


2018/5/7~8 コブ尾根


kuniさんとコブ尾根へ行ってきました。

コブ尾根って何?
穂高岳のジャンダルムのすぐ南隣りにあるピークから長野県側に伸びる尾根です。

残雪期の人気ルートの一つです。


DSCF0003
1日目(7日)
入山日は本降りの雨(;_;)


DSCF0007
身体の濡れに心が折れて、テント泊から小屋泊に切り替え。
でも懐は寒いまま…


DSCF0008
2日目(8日)
アタック日
朝方まで雨が降っており、出発時間を遅らせて4時過ぎにスタート。
コブ沢を詰めますが、なかなかガスが取れません。


DSCF0011
狭くて長い、さらに急傾斜。
気温も少し上がり、何百メートルも上部の岩棚から、凄い勢いで雪塊や岩が落ちてくる。

しかもルートミス発覚。
何とか修正(@_@;)


DSCF0012
美しい山岳風景その1
「コブ」


DSCF0013
美しい山岳風景その2
「前穂高岳」、「明神岳」


DSCF0015
美しい山岳風景その3
「コブ取付からの奥穂方面」


DSCF0019
コブ尾根のハイライト!
コブの登攀。
易しいラインから、難しいラインまで選べます。


DSCF0028
kuniさんに懸垂下降ポイントを探りに行ってもらいます。
雪が無くてスノーボラードでの懸垂下降ではなかった。

懸垂下降を終えてコブ尾根の頭に向けて、雪と岩の急な斜面を登ります。
思ったより長い(-_-;)


DSCF0034
コブ尾根の頭に到着!

写真右奥に奥穂高岳、中央にロバの耳、左手前にはジャンダルム。
まだ静かなこの時期に来れると感慨深いものがあります。


DSCF0046
天狗のコルに向けて、主稜線を南下します。


DSCF0058
天狗沢の下部はブロック雪崩が怖いですね。


DSCF0062
ハードなルートでしたが、楽しかったです♪
kuniさん、どうもありがとうございましたm(_ _)m