ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2021/1/16~17 金比羅山&堂満ルンゼ中央稜


1日目に京都金比羅山でアイゼントレーニング。
2日目は堂満ルンゼ中央稜を登ります。

両日とも天気は良いとは言えませんが、風は弱くて助かりました。
堂満ルンゼ中央稜は人気ルート。
順番待ちが出来ていました。


RIMG2007
アイゼンを履いて金比羅山のY懸尾根。
この時期のこの雨の中、登っているのは僕たちだけ。


RIMG2011
Y懸の頭に到着!


RIMG2012
手が届きそうな近くに虹(^o^)


RIMG2014
懸垂下降で沢に下りて、そのまま下山。


RIMG2015
2日目(17日)
雪の無い「イン谷口」を出発。

イン谷口?
この地名に何か怪しげな雰囲気を感じるのは僕だけか。


RIMG2017
ちょっと取付きを通り過ぎて下りる。
下から正規のラインで登ってきたパーティと同時に着いて恥ずかしかった(-_-;)


RIMG2018
中央稜の取付き。
雪がほぼ全く無いんやけど…


RIMG2020
このルンゼは落石が非常に怖いですね。


RIMG2021
怖ーいルンゼを抜けたら少しほっとします。


RIMG2022
第一支稜に乗ってから、急登を登り詰めると山頂!


RIMG2023
山頂からは琵琶湖が眼下に広がります。


RIMG2024
ここだけ見ると積雪が多いな~と思います。


RIMG2027
これも凄い名前の峠だ。
山名にもありますね。
そちらは「金糞岳」


RIMG2028
雪が少なくて12本爪アイゼンでは歩きにくい(~o~)
でも凍結が多いので、結構下までアイゼンで粘りました。

アルパインルートは条件が一緒ではないのが、魅力の一つでもあると思います。
だから同じルートでも何度も行きたくなります。
今度はもう少し雪の着いている中央稜も登りたいですね。

お疲れ様でした!


2021/1/15 京ヶ峰~音羽富士


岡崎のホタルで有名な鳥川町。
良い里山もあります。
京ヶ峰から音羽富士を巡る周回ルート。
廃校になった小学生達の思いの詰まったふる里の山。
色々とドラマを思い浮かべながら周回しました。


RIMG1981
トヨトミ梨のある愛宕山登山口から入山。


RIMG1984
愛宕山のあたりで周りの山々も少し見えてきます。


RIMG1986
「京ヶ峰」
あっと言う間にタイトルの山へ来てしまった。
展開が早すぎる!
間が持たんぞ~(@_@)


RIMG1988
「見晴し場」
ここでお客様から本宮山に行きたいと希望がありましたが、何となくスルーしてしまった。
こうゆうところがダメなんだよな~。
商売下手…。


RIMG1989
こちらは音羽富士。
周回ルートですから意外に近くにあるのです。


dsBuffer
立派な木で遊びます。
誰もがあった小学校時代の事を回顧して、何となく懐かしい気持ちになります。

この間にもピーク毎に小学生が名付けた山を何座も登頂しています。
1日で沢山のピークハントが出来るお買い得な山ですね。


RIMG1998
周回ルートも後半戦。
音羽富士が真正面に見える位置まで来ました。
待ってろ、ラスボス!


RIMG1999
本日1番の急登を登り切ると音羽富士!
古坂峠から白髭八柱神社へ下りました。


RIMG2004
最後の仕上げは、ホタル学校。
見学を申し込んだら、ホタルの水槽を見せてくれて、ホタルの事を色々と教えてくれました。

ホタルの時期には凄く混むらしいです。
混まずに綺麗に見える穴場スポットも教えてもらいました。

懐かしい香りのする里山登山が楽しめました♪
ありがとうございました。


2021/1/14 雪山講習(大日ヶ岳)


雪たっぷりの奥美濃エリアへ。
大日ヶ岳の登頂と雪山技術講習の予定でしたが、講習は少しだけになってしまいました。
でも深雪で登頂を目指すには、スノーシューが有効という事は分かって頂けたと思います。
白銀の世界と鮮やかなブルースカイ。
雪と戯れる楽しさを堪能しました♪


RIMG1917
お馴染みの「高鷲スノーパーク」
ゴンドラで一気に1400mまで。
らくちんです(^o^)


RIMG1922
ゲレンデトップでスノーシューを履きます。
スノーシュートレースを辿れば、つぼ足で行けないかなと思い試してみましたが、膝まで沈みすぐに諦めて装着しました。


RIMG1930
美しい白の世界(´。`)


RIMG1939
やったね♪
晴れてきそう!(^^)!


RIMG1943
ぐんぐんと高度を稼ぎます!


RIMG1948
山頂へ登頂したが、雪が多いので大日如来様や山名盤が埋まってしまっているので、山頂を示すものが何も無い。


RIMG1947
スノーバーでの雪の切り出しも体験。


RIMG1971
さあ下山。
フカフカで気持ち良さそう♪


RIMG1976
少しだけ歩行技術の講習。

帰りも偉大なゴンドラで下りました。
お疲れ様でした。

しかし、コミュニケーションは難しい。
伝える能力がもう少し欲しい。
とにかく頑張ろう!


2021/1/12 堂山(湖南アルプス)


年始の槍ヶ岳山行がパートナーの腰痛のため、中止としました。
フェイスブックに上がる知人の山行などを羨ましく眺めていました(´。`)
行けなかったのは残念ですが仕方が無いですね。

今日は公募企画の三ツ瀬明神山の予定でしたが、雨が早く上がりそうな湖南アルプスの「堂山(どうざん)」に変更しました。
僕の中では「金勝アルプス」のほうが身近に感じますが、この湖南アルプスも低山ながら面白いと思います。


RIMG1889
高速道路建設現場を通過します。
交通整理をしていた警備員さんがすごい愛想が良かった。
笑顔はやっぱり気分が良くなります。


RIMG1891
迎不動から入山して、南西の尾根を下る周回ルート。
最初と最後に天神川の徒渉があります。


RIMG1901
「阿弥陀ヶ原」と呼ばれる広い河原へ出ました。


RIMG1903
ダイナミックな主稜線


RIMG1905
ピーク手前は岩場です(´。`)

RIMG1909
控えめな堂山の山頂標識!
標高384m。

RIMG1911
かなり眺めが良いです♪

やりますね「湖南アルプス」。
天気の良い時に再訪したいです!