ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2019/8/15~18 穂高岳縦走(北~奥~前)


またまた穂高岳の大縦走!

今度は台風が近づいている中での山行になりました。
予定ルートの逆回りとして、稜線に出るのを遅らす山行計画にして台風通過を待ちました。

最後の1日だけでしたが、絶好の登山日和になりました。


RIMG1404
1日目(15日)
上高地から入山して、徳沢園でソフトクリーム。
王道ですな~(´。`)


RIMG1405
明日が行動が一番厳しくなるので、今日は行けるところまで詰めます。
横尾山荘に宿泊。


RIMG1408
2日目(16日)
午後になれば濃い雨雲は過ぎ去る予報。
山小屋に迷惑にならない範囲で、出来る限り出発を遅らせました。


RIMG1412
本谷橋の様子。

僕たちより先に出たパーティーで沢が増水しているので引き返してきた人達がいました。
少し心配しましたが、遅く出たのが功を奏して増水は収まっていました(^_^)v


RIMG1415
涸沢小屋に無事に到着。
偶然、マロンおじさんも涸沢から上高地を行き来する仕事で同宿です。


RIMG1417
3日目(17日)
台風は抜けたが、風の影響が少し残るということで、小屋で朝食を食べてから少し遅めの出発。

「一歩、一歩、晴れろ!」と心の中で祈りながら、北穂南稜を登っていきます…。


RIMG1421
祈り叶わずガスは取れず、北穂高岳山頂は霧に包まれました(ToT)


RIMG1422
天空のテラスで大休止。

「またここに来ましょう!今度は大キレットか東稜を通って…」


RIMG1423
北穂高岳から奥穂高間の稜線は岩だらけ。


20190822125919_p
楽しんでま~す♪


20190818043521_p
4日目(18日)
待ちに待った天気の良い日が訪れました。

行程を変えた分、今日は行程が長いので早朝に出発。


20190818044641_p
ジャンダルム~♪♪


20190818050133_p
穂高岳山頂に着いたと同時に日の出!

見える!見える!
360度パノラマです。

なんか魚眼レンズで撮ったような感じですね(笑)


20190818050901_p
風の影響を受けにくい場所で大休止。
こんな美しい景色が見られるので、すぐに移動したくありません。


20190818053424_p
吊尾根と前穂高岳、明神岳を臨む!
険しい山々です!


RIMG1434
前穂高岳の山頂も風もなく、またまたゆっくりしてしまいました♪


RIMG1435
今まで歩いてきた道のりが見えます!
こう見ると「ほんまに人が歩けるところかいな!」
下手な関西弁で表現したくなります。


RIMG1439
タフな重太郎新道を下り、岳沢小屋へ。
下りてきたらやはり超暑い…。


RIMG1441
やっと上高地へやってきました。

ここから今日通ってきた奥穂高岳、吊尾根、前穂高岳が見えます。

まさに感無量ですね(^_^)v


2019/8/13~14 稲子岳南壁左方カンテ


久しぶりに稲子岳南壁へ行きました。
台風が近づいている中、八ヶ岳まで行きましたが、結局、天候不順で敗退(‥;)


RIMG1395
八ヶ岳の「J&N」に前泊。
ドロミテで多くの人が飲んでいた「スピリッツアペロール」というリキュールがここにもありました!
思わず頼んでしまいました(^^;)


RIMG1400
1ピッチ目を登る前から、風が強く時折雨が混じるコンディション(ToT)
行けるところまで行ってみることに…。

実際、登ってみると決して楽しく登れる状態ではない。
壁も少し濡れた状態なので、下りる事にしました。

体力的にはあまり疲れていないけど、お疲れ様でした!


2019/8/9~12 穂高岳縦走(前~奥~北)


穂高岳の縦走に行ってきました。
人気の山域でお盆休みも重なり混雑したけど、天候に恵まれ気持ちよい山旅が出来ました(^o^)

3泊4日で前穂高岳から奥穂高岳、そして北穂高岳の順に巡りました。
爽快な岩稜尾根をゆったりと楽しみました♪


RIMG1200
1日目(9日)
何回来ても、必ず撮ってしまう河童橋付近からの穂高岳。
天気はバッチリ!


RIMG1206
岳沢小屋の気持ちよいテラスでビール!
暑かったので生ビールは最高!


RIMG1213
雲が織りなす自然の情景。
この後はもっと赤く幻想的になっていたようで、小屋のスタッフも写真撮影していました。


RIMG1215
2日目(10日)
早朝のまだ明るくなる前に岳沢小屋を出発。


RIMG1221
明るくなってきて、霞沢岳に焼岳、そして乗鞍岳が見えました。


RIMG1243
紀美子平にザックをデポして、前穂高岳往復。


RIMG1278
吊尾根を通過して奥穂高岳。
その頃にはジャンダルムの雄姿。
やっぱり異様な姿だけど、かっこ良いね。


RIMG1284
穂高岳山荘に到着。
かなり多くの宿泊者がいるようです。
でも、布団は1人1枚ありました(^_^)v


RIMG1287
3日目(11日)
夜が明けてきた頃に涸沢岳に向けて出発。


RIMG1291
常念岳付近から日が昇ります。


RIMG1296
涸沢岳を越えると岩稜帯に入っていきます。
山頂標識が新しくなりましたよね…?


RIMG1301
一般的に大キレットよりは注目されませんが、こちらの縦走路もなかなか手強いですよ~(^^;)


RIMG1327
北穂高岳山頂に到着!


RIMG1331
北穂高小屋で至福のコーヒータイム!


RIMG1344
北穂高岳南稜は長いハシゴ&鎖場で少し混雑(・o・)


RIMG1350
涸沢小屋に到着して、また生ビールを飲んでしまいました(^O^)
お酒は弱いのですが、どうしても生ビールの誘惑に負けてしまう(-_-;)


RIMG1353
テント場もまずまずの混雑。


RIMG1355
4日目(12日)
4日間通して晴れが続くとはラッキーでした。


RIMG1364
登山者で賑わう涸沢小屋。
これから上高地へ下山です。


RIMG1384
徳沢園で「野沢菜チャーハン」を食べました。
ここは食券方式になっていました。


RIMG1390
登山者と観光客上高地は凄い人でした。
バス待ちも今までに見たことが無いぐらい並んでいました。
私たちはシャトルバスの乗車券の半券を払い戻し、タクシーで帰りました。

お疲れ様でした!


2019/8/8 沢入谷で沢登り!


奥飛騨の高原川支流の沢入谷で沢登りを楽しみました♪

久しぶりの沢登りでしたが、やっぱり暑い夏には気持ち良いですね(^^)v


RIMG1161
淵もありますが、基本的にはナメの多い沢。


RIMG1172
水も綺麗で、ヒルもいなくて快適♪


RIMG1164
そのうちの一つ「五郎七郎滝」

岩の凹凸の関係ですかね?
細かい白い泡筋がお見事!


RIMG1176
「岩洞滝」は凄い迫力!
1本のラインをかなりの水量で流れ落ちる姿に感動!


RIMG1182
最後に「蓑谷大滝」


RIMG1188
ここで蓑谷大滝を見ながら、食事&ティータイム。
滝のマイナスイオンを浴びながらなので、暑さも気になりません。


RIMG1191
蓑谷大滝を巻いたら、急な下り。
練習も兼ねて念の為、懸垂下降3ピッチ。

たっぷりと沢で遊べましたね(^^)v


2019/8/6~7 焼岳


焼岳に縦走で登ってきましたよ♪

上高地へのシャトルバスを帝国ホテルで下車。
田代橋から登り、宿泊は西穂山荘。
主稜線を焼岳まで縦走して中ノ湯へ下山。


RIMG1123
1日目(6日)
美しい大正池からの穂高!


RIMG1124
帝国ホテルの屋根の赤色が眩しい(@_@)


RIMG1126
田代橋を渡ると立派な登山口!

ガイドはそんなにいないと思っていたこのルートで、某ツアー会社のエースで、売れっ子の先輩ガイドに会いました。


RIMG1130
西穂山荘は賑わっていました。


RIMG1132
2日目(7日)
早朝出発。
この辺りはクマ出没注意(◎_◎;)


RIMG1133
山登りの醍醐味の一つ。
夜が明けてきて、時間によって自然は表情を変えます。


RIMG1142
焼岳小屋に到着。
ココア等の温かい飲み物を飲んでリラックス(^^)


RIMG1143
ついに焼岳が目の前に…


RIMG1146
やったぁー!!
山頂へ到着!
気持ちイイね~♪


RIMG1151
歩いてきた方面と穂高連峰。


RIMG1152
帰りは下り口の岩場で少し渋滞(^^;


RIMG1153
正賀池と火口。


RIMG1156
帰る頃に少し雨に降られました。
雨具は使ったかな?どうだったかな?忘れました(^^;)

お疲れ様でした!