2018/6/8~9 甲武信ヶ岳


奥秩父の甲武信ヶ岳(2475m)へ行ってきました。

徳ちゃん新道から上がり、雁坂峠経由で下りました。

深い樹林と綺麗な沢。
なかなか渋い良い味を出している山でした(^_-)-☆


DSCF0315
1日目(7日)
甲府で前泊して、西沢渓谷を通り登山口へ。


DSCF0317
徳ちゃん新道を登り終えると戸渡尾根になります。
名前は厳しさを想像させますが、歩き易い登山道でしたよ♪


DSCF0318
キバナノコマノツメかタカネスミレのどちらかです。

ネットで見てみたら、見分けは難しいようです。
どちらかが別名と書いてあるサイトもありました。
やっぱり花は難しい…(~_~;)


DSCF0321
今日は標高差約1400mを登りきらないといけません。
「木賊山(とくさやま)」
ここまで来れば、もうあと少し。


DSCF0328
やっと着きました(^_^)v
今日の宿「甲武信小屋」


DSCF0327
お洒落な標識(*´▽`*)
荷物を小屋にデポして山頂を目指します。


DSCF0323
「甲武信ヶ岳(2475m)」
山頂へ行くも真っ白(>_<)
DSCF0325
夕食はカレー。


DSCF0326
夕食後に甲武信小屋が作成したDVDを見せてもらいました。
笛吹川東沢を遡行する様子が紹介されていました。
僕もいつかやってみたいです。


DSCF0337
2日目(8日)
朝食を済ませて、小屋を6時前に出発。
雁坂峠へ向かいます。


DSCF0338
主稜線上に破風山が有ります。


DSCF0339
石楠花のトンネルもかろうじて残っていました。


DSCF0341
破風山避難小屋です。
内部に薪ストーブがある綺麗な避難小屋でした。


DSCF0343
気持ちの良い稜線歩きが続きます。


DSCF0349
日本三大峠の「雁坂峠」

日本書紀によると、日本武尊が蝦夷平定の為に通ったらしいです。
武田信玄の軍用路でもあったようです。


DSCF0351
沢沿いの新緑が美しい登山道をひたすら下ります。


DSCF0354
道の駅まで下りてきました。

登山者も少なく静かな山旅を満喫しました。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/5/31~6/3 九州百名山巡り


九州へ遠征!

阿蘇山、九重山、祖母山、霧島山、開聞岳の5座を4日間で巡ります。
ちょうど九州が梅雨入りしたタイミング。
でも、初日以外は天気に恵まれました!(^^)!

山と温泉を存分に楽しんできました♪


DSCF0162
1日目(31日)
セントレアから大分空港へ。


DSCF0164
当初は「九重山」の予定でしたが、阿蘇山に急きょ変更。
今は砂千里から中岳・高岳への登山が規制解除されています。


DSCF0169
砂千里から中岳、高岳を目指します。
登り始めは霧が濃く周りが見えませんでしたが、随分とクリアになってきました。

砂千里と呼ばれる砂の台地は月面の雰囲気が漂います。


DSCF0178
稜線に出ると体がよろめく程の強風!
何とか「中岳 1506m」へ登頂!
高岳は諦めて下山します。


DSCF0191
黒川温泉の「ふたば」という旅館へ。
雰囲気もスタッフも温泉もすごく良い宿でした!


DSCF0187
何と部屋食(゚д゚)
普段の山小屋との違いに戸惑います(笑)


DSCF0193
2日目(1日)
今日は快晴!(^^)!
牧ノ戸峠から九重連山の「久住山」と「中岳」へ。
駐車場も満車。
平日なのにこの賑わい。


DSCF0195
登山口もしっかりしていて、展望台まではコンクリート舗装されています。


DSCF0204
まず最初に目を引くのが、「星生山(ほっしょうざん)」。
星が生まれる山。
山名が良いですね。


DSCF0211
小さな子供達も登っていました。


DSCF0215
目指す久住山も近くなりました。


DSCF0218
久住山(1786m)
山頂は多くの登山者で賑わっています。

休憩後は中岳を目指します!


DSCF0227
多くの人はこのミヤマキリシマを目当てに来ていますね。
感動ものです♪
全国から多くの人が訪れるのも分かります。


DSCF0234
「中岳 1791m」は九州本土での最高峰ですね(^_^)v


DSCF0236
山頂標識の右をズームアップ。

右手前の「平治岳(ひいじだけ)1633m」
山頂付近のミヤマキリシマの群生が見事です!

左奥の「由布岳(ゆふだけ)1583m」
双耳峰を持つ美しい山です!


DSCF0242
「御池」とその奥に「久住山」

心癒される風景♪


DSCF0250
御池の周りを歩きました。
きれいな水でした♪

ちなみに読み方は「みいけ」だそうですm(_ _)m


DSCF0256
高千穂神社の近くにある「国民宿舎 ホテル高千穂」へ。
高千穂の街は去年比叡山を訪れた時に来ました。
懐かしいです(*´▽`*)


DSCF0258
3日目(2日)
今日は2座登る予定なので、早朝に出発します。
まずは、祖母山へ。


DSCF0264
千間平コースのピストン。
国観峠で小休止。
殆どが樹林に覆われた登山道ですが、ここは広くて暑さに気づきます。


DSCF0270
立派な道標。
530mおきに立っているので進捗状況がよく分かります。


DSCF0269
祖母山山頂(1756m)へ到着!
ここも久住山ほどではないですが、沢山の登山者が登っていました。


DSCF0267
初日に登った阿蘇山が見えました。
ギザギザの山容の「根子岳」
その中央付近のトンガリが「天狗峰」でしょうか!?


DSCF0275
九州北部から南部へ移動して霧島山へ。
今は韓国岳が新燃岳噴火の影響で入山が規制されています。
規制されていない高千穂峰を登ることにしました。


DSCF0282
高千穂峰まで行くには少し時間が足りず「御鉢」まで。

御鉢の奥に高千穂峰が見えます。
高千穂峰は日本神話の天孫降臨の地だそうです。


DSCF0283
噴煙を上げる新燃岳とその奥に韓国岳。


DSCF0288
ホテル霧島キャッスル
形容するなら「古き良き大規模ホテル」ですかね。

温泉は薩摩藩主の島津吉貴公が湯治されたという殿湯でした。


DSCF0289
夕食は飲み放題付のバイキング。
今日はダブルヘッダーだったので生ビールが美味しかったです♪


DSCF0291
4日目(3日)
さあ、最終日です!
開聞岳に登ります。


DSCF0297
山頂の標高は924mと百名山の中ではかなり低い方ですが、登山口が低いので標高差は800m弱あります。


DSCF0299
標高を上げると樹間から海や街並みが見えます。


DSCF0301
開聞岳山頂!


DSCF0307
登山後は砂蒸し風呂で有名な「指宿温泉」へ。


DSCF0313
鹿児島空港からセントレアへ。

終わってみると、あっという間の楽しい山行でした♪
来年もまた来たいです。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/5/12~13 金峰山~瑞牆山


ツアーガイドとして、金峰山(2599m)と瑞牆山(2230m)に同行しました。

久々のツアーガイドで緊張しましたね(^_^;)


20180512165310_p
1日目は、廻り目平から金峰山へ。
五丈岩からは富士山がバッチリ見えました♪


20180512181008_p
金峰山小屋で宿泊。
名物のチキンステーキにたっぷりサラダのワンプレートディナー、しかもワイン付き。
嬉しい「おもてなし」が感じられます(^^)

「ゆずひこ」も相変わらず大人しくて賢そうでした。


20180513114655_p
2日目は瑞牆山。
天気は下り坂ですが、瑞牆山の山頂までは降られず良かった。
瑞牆山山頂からは素晴らしい展望でした♪

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/5/9~10 雲取山


検定プレッシャーから解放され、精神的に少し余裕が出来たので久々のブログ更新。

昨年は標高の件で賑わったと思われる雲取山へ行ってきました。
鴨沢コースからのピストン登頂!

雪交じりの生憎の天気でしたが、こんな時も有りますね(^_^;)
何といっても山ですから…


DSCF0069
1日目(9日)
一際目立つ登山口の案内看板。


DSCF0071
「平将門 迷走ルート」
歴史に疎いので、詳しくは分かりませんが、エピソードは大変面白かったです!
物語になっていて、次のエピソードが出てくるのを期待してしまいます。
鴨沢ルートで登る楽しみの一つと言っていいです♪


DSCF0080
本日の宿「七ツ石小屋」
自炊小屋になります。
なかなか個性的で面白い小屋でした♪


DSCF0092
2日目(10日)
天気予報は昨日よりも悪化。
雪が降ってきました(@_@;)


DSCF0095
雲取山の山頂に到着!

かなり立派な山頂標識。やはり東京都出資でしょうか!?

濃い霧に覆われ、周りの山は何も見えないですが、想像力を働かせます。


DSCF0097
七ツ石小屋に戻ってきました。
カップラーメンを食べて温まります。


DSCF0099
新緑も楽しんで♪


DSCF0100
案の定、下山してくると晴れています。
山の定番パターンですね。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/29 鎌ヶ岳


今回は鎌ヶ岳へ行ってきました。

馬の背尾根から登り、三ツ口谷で下山。
アカヤシオも見えて大満足でした!


DSCF8976
「三岳寺」の奥に登山口があります。


DSCF8986
シロヤシオが清楚な雰囲気で迎えてくれます。


DSCF8995
連休中の晴天ということで、山頂は大賑わい。


DSCF8996
アカヤシオも鮮やかなピンク色で映えます。


DSCF9001
ルートファインディングが難しい(~_~;)


DSCF9003
でも楽しい♪

穏やかな春の日の鎌ヶ岳を堪能しました!
お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/28 南木曽岳


今回は南木曽岳へ行ってきました。

蘭(あららぎ)からの周回ルート。

天気も良く、展望台からの素晴らしい山岳眺望を楽しみました(^_^)v


DSCF8941
駐車場から林道をしばらく歩き登山口へ。


DSCF8946
急登が続きます。


DSCF8950
山頂で記念撮影後は、展望台からの御嶽山ショット!


DSCF8953
この風景も良いですね♪


DSCF8962
素晴らしい眺望に時を忘れそう。

特に中央アルプスの山岳展望は素晴らしい!


DSCF8966
こんな風景も南木曽岳!


DSCF8971
下山は、ひたすら木の階段を下ります。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/10~11 金時山&天城山


今回は静岡へ。
金時山(1212m)と天城山(1406m)を登りました。

1日目は、金太郎伝説の金時山。
金時娘には会えませんでしたが、富士山はバッチリ見えました(^_^)v

2日目は、天城山。
前線が通過する風雨の厳しい中での登山。お疲れさまでしたm(_ _)m


DSCF8724
1日目(10日)
金時神社近くの無料駐車場は既に満車状態。
平日なのにすごい人気です(゚д゚)


DSCF8725
君の名は?
暖かくなってまた花のお勉強もしないといけません(汗)


DSCF8726
金時神社の背後にそびえる金時山。


DSCF8728
「金時宿り石」
ここに金太郎と母親が住んでいたという。

この巨岩を見て住もうと思うか、登ろうと思うか!?


DSCF8735
整備された登山道を歩いていくと、ほどなく山頂へ。

ここの景色はお気に入りです。
のんびりと富士山を眺めていたい。
ここにいるとそんな気になります。


DSCF8736
「金時茶屋」
金時娘のおばあちゃんは、デイサービスの日らしくて不在でした。
話好きな息子さんが茶屋を切り盛りしています。


DSCF8745
2日目(11日)
今回宿泊した「伊東園ホテル別館」
ここもコスパが高い!


DSCF8748
スタートしようとしたら、雨が落ちてきました。
最初から雨具を着ての登山となりました(~o~)


DSCF8749
風がゴーゴーとうなり、樹木が揺れる中での修行登山のようになりました。
万二郎岳に到着しましたが、ここから万三郎岳の主稜線は風の影響が大きくなるので、ここで引き返しました(T_T)


DSCF8752
「お疲れさまでした」
この案内板は心に沁みます(*´▽`*)


DSCF8754
帰りに修善寺の近くを通ったので、城山が見えました。
この岩山は目立ちますね。
クライミングルートも沢山あります。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/8~9 二上山&伯耆大山


関西方面にちょっと足を伸ばしました。

1日目は、奈良と大阪の県境にある二上山(517m)。
天気が良くて、気持ち良い里山ハイキングを楽しみました♪

2日目は、鳥取の大山(1729m)まで行きました。。
天気はあいにくでしたが、厳しい状況下での登頂で良い経験になりました(^_^)v


DSCF8647
1日目(8日)
二上山は画像右側「雄岳(517m)」と左側「雌岳(474m)」の双耳峰となります。


DSCF8651
「道の駅ふたかみパーク當麻」から登ります。

いや~、八重桜がキレイでしたね~(^_^)v


DSCF8663
歩き易い登山道を3時間弱で雌岳頂上へ。
山頂は広く見晴らしがGood!
日曜日なので、すごく賑わっていました。


DSCF8664
下山途中で南方の見晴らしが良い所がありました。

北はこのニ上山から始まり、南は槇尾山まで続くダイヤモンドトレイル。
マロンおじさんのホームグラウンドですね。


DSCF8665
この辺りは古墳が多いです。
古墳好きな人にはたまらない土地ですね。


DSCF8674
長い移動で鳥取へ。

西側から見る大山は美しい山容。


DSCF8676
宿泊した「ゲストハウス寿庵」

オーナーはとっても気さくで登山好きな女性です。
当然、他の宿泊客との歓談タイムになります。
色々な話が聞けて楽しかったです♪


DSCF8677
近くにある温泉施設「豪円湯院」
めちゃくちゃコスパ高いです。
きれいで設備も充実。それで入浴料380円。


DSCF8681
ゲストハウスなので、キッチンを借りられます。
とは言っても出来合いのものばかりですが…


DSCF8687
2日目(9日)
今日は小雨の生憎の天気。
回復傾向にあるという天気予報を信じて、出発を遅らせました。


DSCF8694
六合目避難小屋
小さい避難小屋ですが、風を凌げますので助かります。


DSCF8696
時折、下界が見えるも…
天気はなかなか回復せず…


DSCF8704
頂上避難小屋

避難小屋としては、すごく採光がとれていて明るい。
綺麗に保たれています。

トイレも一基のみ開放されているので有難いです(^^)


DSCF8706
でも外に出るとガス&強風が厳しい(@_@;)


DSCF8709
避難小屋から山頂へは100m程ですが、風が強くて油断すると倒されます。
でも、何とか山頂へ到達しました!


DSCF8713
下山します。
何も分からない。
こんな状態だと、どないしましょう?


DSCF8717
上部が厳しい状況だっただけに、下りてくると安堵感に包まれます。


DSCF8723
鬼のモニュメントがかなり目立ちます。
「鬼の館」というホールでコンサートやイベント等が行われるようです。
何にしてもインパクトがあります。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/1 三ツ瀬明神山


今回は三ツ瀬明神山へ行ってきました。

数多くのルートがありますが、今回は「三ツ瀬ルート」でピストンです。

天気も良く、気持ち良い山行となりました(^_^)v


DSCF8592
駐車スペースから林道を歩いていくと、すぐに登山口の大きな看板が出てきます。


DSCF8595
登山道に入ると植林帯の沢沿いを登っていきます。


DSCF8597
山頂へ続く稜線へ出ました。
ここが「三ツ瀬峠」になります。
そして岩壁が現れ、岩稜の急登が始まります。


DSCF8599
まずは、スラブ!


DSCF8606
そしてフェイス。
次から次へと岩が出てきて楽しいです♪


DSCF8617
名物「馬の背」
左右はスッパリ切れ落ちています。


DSCF8618
馬の背から見る鳳来湖や宇連山の景色(^-^)


DSCF8625
明神山山頂へ。
山頂には眺望抜群の大きな展望台があります。
この日は少し霞んでいたので、南アルプスはうっすらとしか見えなかったです。


DSCF8622
嬉しいサプライズ!!

知り合いと偶然会いました。
歩荷訓練で来ていたとの事。
重い荷物を背負い頑張っていました!

歩荷してきた美味しいトマトを頂きましたm(_ _)m


DSCF8634
東栄町にあるコンビニ前は、素晴らしい桜並木があります(゚д゚)
これだけ見に来ても良いぐらいです。
写真が下手で画像で表せないのが悔しい(>_<)

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/3/24~25 京都金比羅山


1泊2日で毎年恒例の京都金比羅山へ。

1日目は金比羅山のゲレンデで岩稜歩行訓練。
2日目は大原~金比羅山~翠黛山~大原の縦走です。

2日間とも晴天に恵まれ、古都京都の雰囲気と里山、そして温泉を満喫してきました♪


DSCF8386
1日目(24日)
金比羅山の玄関口には「江文神社」があります。


DSCF8391
易しい岩場の緩傾斜を使って、岩稜帯通過のトレーニング。


DSCF8399
宿泊はお馴染み「大原の里」


DSCF8400
2日目(25日)
夕食は写真を取り忘れ、この画像は朝食。
ここの名物である味噌で、何杯でも御飯が進んで、食べ過ぎました(^-^;


DSCF8409
金比羅山へは易しい岩稜帯を登ります。
岩場のほうでは、クライミングをしている人達もいました。


DSCF8411
金比羅山(573m)の山頂です。
眺望はイマイチですが、落ち着きます。


DSCF8412
翠黛山(577m)
細かいアップダウンは有りますが、歩き易い登山道が続きます。


DSCF8415
大原へ下山しました。
寂光院の前へ出てきます。


DSCF8418
出店でお土産に御菓子を買います。

今回も楽しかったです♪
また「おいでやす~」!