2018/4/10~11 金時山&天城山


今回は静岡へ。
金時山(1212m)と天城山(1406m)を登りました。

1日目は、金太郎伝説の金時山。
金時娘には会えませんでしたが、富士山はバッチリ見えました(^_^)v

2日目は、天城山。
前線が通過する風雨の厳しい中での登山。お疲れさまでしたm(_ _)m


DSCF8724
1日目(10日)
金時神社近くの無料駐車場は既に満車状態。
平日なのにすごい人気です(゚д゚)


DSCF8725
君の名は?
暖かくなってまた花のお勉強もしないといけません(汗)


DSCF8726
金時神社の背後にそびえる金時山。


DSCF8728
「金時宿り石」
ここに金太郎と母親が住んでいたという。

この巨岩を見て住もうと思うか、登ろうと思うか!?


DSCF8735
整備された登山道を歩いていくと、ほどなく山頂へ。

ここの景色はお気に入りです。
のんびりと富士山を眺めていたい。
ここにいるとそんな気になります。


DSCF8736
「金時茶屋」
金時娘のおばあちゃんは、デイサービスの日らしくて不在でした。
話好きな息子さんが茶屋を切り盛りしています。


DSCF8745
2日目(11日)
今回宿泊した「伊東園ホテル別館」
ここもコスパが高い!


DSCF8748
スタートしようとしたら、雨が落ちてきました。
最初から雨具を着ての登山となりました(~o~)


DSCF8749
風がゴーゴーとうなり、樹木が揺れる中での修行登山のようになりました。
万二郎岳に到着しましたが、ここから万三郎岳の主稜線は風の影響が大きくなるので、ここで引き返しました(T_T)


DSCF8752
「お疲れさまでした」
この案内板は心に沁みます(*´▽`*)


DSCF8754
帰りに修善寺の近くを通ったので、城山が見えました。
この岩山は目立ちますね。
クライミングルートも沢山あります。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/8~9 二上山&伯耆大山


関西方面にちょっと足を伸ばしました。

1日目は、奈良と大阪の県境にある二上山(517m)。
天気が良くて、気持ち良い里山ハイキングを楽しみました♪

2日目は、鳥取の大山(1729m)まで行きました。。
天気はあいにくでしたが、厳しい状況下での登頂で良い経験になりました(^_^)v


DSCF8647
1日目(8日)
二上山は画像右側「雄岳(517m)」と左側「雌岳(474m)」の双耳峰となります。


DSCF8651
「道の駅ふたかみパーク當麻」から登ります。

いや~、八重桜がキレイでしたね~(^_^)v


DSCF8663
歩き易い登山道を3時間弱で雌岳頂上へ。
山頂は広く見晴らしがGood!
日曜日なので、すごく賑わっていました。


DSCF8664
下山途中で南方の見晴らしが良い所がありました。

北はこのニ上山から始まり、南は槇尾山まで続くダイヤモンドトレイル。
マロンおじさんのホームグラウンドですね。


DSCF8665
この辺りは古墳が多いです。
古墳好きな人にはたまらない土地ですね。


DSCF8674
長い移動で鳥取へ。

西側から見る大山は美しい山容。


DSCF8676
宿泊した「ゲストハウス寿庵」

オーナーはとっても気さくで登山好きな女性です。
当然、他の宿泊客との歓談タイムになります。
色々な話が聞けて楽しかったです♪


DSCF8677
近くにある温泉施設「豪円湯院」
めちゃくちゃコスパ高いです。
きれいで設備も充実。それで入浴料380円。


DSCF8681
ゲストハウスなので、キッチンを借りられます。
とは言っても出来合いのものばかりですが…


DSCF8687
2日目(9日)
今日は小雨の生憎の天気。
回復傾向にあるという天気予報を信じて、出発を遅らせました。


DSCF8694
六合目避難小屋
小さい避難小屋ですが、風を凌げますので助かります。


DSCF8696
時折、下界が見えるも…
天気はなかなか回復せず…


DSCF8704
頂上避難小屋

避難小屋としては、すごく採光がとれていて明るい。
綺麗に保たれています。

トイレも一基のみ開放されているので有難いです(^^)


DSCF8706
でも外に出るとガス&強風が厳しい(@_@;)


DSCF8709
避難小屋から山頂へは100m程ですが、風が強くて油断すると倒されます。
でも、何とか山頂へ到達しました!


DSCF8713
下山します。
何も分からない。
こんな状態だと、どないしましょう?


DSCF8717
上部が厳しい状況だっただけに、下りてくると安堵感に包まれます。


DSCF8723
鬼のモニュメントがかなり目立ちます。
「鬼の館」というホールでコンサートやイベント等が行われるようです。
何にしてもインパクトがあります。

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/4/1 三ツ瀬明神山


今回は三ツ瀬明神山へ行ってきました。

数多くのルートがありますが、今回は「三ツ瀬ルート」でピストンです。

天気も良く、気持ち良い山行となりました(^_^)v


DSCF8592
駐車スペースから林道を歩いていくと、すぐに登山口の大きな看板が出てきます。


DSCF8595
登山道に入ると植林帯の沢沿いを登っていきます。


DSCF8597
山頂へ続く稜線へ出ました。
ここが「三ツ瀬峠」になります。
そして岩壁が現れ、岩稜の急登が始まります。


DSCF8599
まずは、スラブ!


DSCF8606
そしてフェイス。
次から次へと岩が出てきて楽しいです♪


DSCF8617
名物「馬の背」
左右はスッパリ切れ落ちています。


DSCF8618
馬の背から見る鳳来湖や宇連山の景色(^-^)


DSCF8625
明神山山頂へ。
山頂には眺望抜群の大きな展望台があります。
この日は少し霞んでいたので、南アルプスはうっすらとしか見えなかったです。


DSCF8622
嬉しいサプライズ!!

知り合いと偶然会いました。
歩荷訓練で来ていたとの事。
重い荷物を背負い頑張っていました!

歩荷してきた美味しいトマトを頂きましたm(_ _)m


DSCF8634
東栄町にあるコンビニ前は、素晴らしい桜並木があります(゚д゚)
これだけ見に来ても良いぐらいです。
写真が下手で画像で表せないのが悔しい(>_<)

お疲れさまでしたm(_ _)m


2018/3/24~25 京都金比羅山


1泊2日で毎年恒例の京都金比羅山へ。

1日目は金比羅山のゲレンデで岩稜歩行訓練。
2日目は大原~金比羅山~翠黛山~大原の縦走です。

2日間とも晴天に恵まれ、古都京都の雰囲気と里山、そして温泉を満喫してきました♪


DSCF8386
1日目(24日)
金比羅山の玄関口には「江文神社」があります。


DSCF8391
易しい岩場の緩傾斜を使って、岩稜帯通過のトレーニング。


DSCF8399
宿泊はお馴染み「大原の里」


DSCF8400
2日目(25日)
夕食は写真を取り忘れ、この画像は朝食。
ここの名物である味噌で、何杯でも御飯が進んで、食べ過ぎました(^-^;


DSCF8409
金比羅山へは易しい岩稜帯を登ります。
岩場のほうでは、クライミングをしている人達もいました。


DSCF8411
金比羅山(573m)の山頂です。
眺望はイマイチですが、落ち着きます。


DSCF8412
翠黛山(577m)
細かいアップダウンは有りますが、歩き易い登山道が続きます。


DSCF8415
大原へ下山しました。
寂光院の前へ出てきます。


DSCF8418
出店でお土産に御菓子を買います。

今回も楽しかったです♪
また「おいでやす~」!


2018/3/17~18 車山&蓼科山


1泊2日で車山と蓼科山へ。

1日目は車山へ。車山(1925m)は霧ヶ峰の最高峰。
2日目は蓼科山へ。八ヶ岳北端の独立峰。
共に日本百名山です。

雪は少なかったですが、天気に恵まれ気持ち良かったです♪


DSCF8268
1日目(17日)
白樺湖は凍っている部分がありました。
寒さが続くときには全面結氷かな!?

白樺湖畔のコンビニが無くなっていたのは残念!


DSCF8272
ビーナスラインの富士見台で富士山が見えました。
夏はガスで見えない場合が多いので嬉しい(^_^)v


DSCF8276
車山肩からスタートです。
雪が無いですね…


DSCF8284
標高差130mぐらいなので、すぐに山頂へ着きます。

風も無く、ポカポカ陽気なので山頂でランチタイム♪


DSCF8286
画像中央に明日登る蓼科山。

綺麗な山容で「諏訪富士」とも呼ばれています。

また別名で「女の神山」とも言われるようです。
女神が住んでいる山という言い伝えがあるようです。


DSCF8287
車山乗越から周回して帰ります。

北斜面は雪が硬くなっていたので、アイゼンを装着。
こうゆう事の繰り返しで、アイゼンを着けるかどうかという判断基準を作っていきます。


DSCF8292
白樺湖畔の「すずらんの湯」へ立ち寄りました。


DSCF8297
今日の宿「ログの宿 ウォールデン」


DSCF8293
夕食は鍋で、夜の宴となりました。
2食付きで6,000円台は安いと思います(*´▽`*)


DSCF8295
内部もお洒落な感じです。
オーナー夫婦は偶然にも名古屋出身という事でした。


DSCF8296
2日目(18日)
モーニング娘!?


DSCF8298
すずらん峠にある登山者用駐車場からスタート。

8時少し前ぐらいに着きましたが、皆さん早いですね。
既に満車に近い状態になっていました。(^^;)


DSCF8305
頂上近くまで南西尾根の樹林帯の急登が続きます。


DSCF8309
もう少しで山頂ですyo!
ガンバ―!!


DSCF8313
急登を抜けると大岩ゴロゴロのトラバース。


DSCF8317
やったー、山頂に到着!
若干、風が強いので、早々に写真を撮りましょう!


DSCF8319
風の通り所で休憩します。


DSCF8321
独立峰である蓼科山。
山頂は溶岩ドームとなっていて、360度の展望は超抜群!!
とりあえず北アルプス方面だけ載せておきます。


DSCF8324
お鉢めぐりで360度の展望を楽しんだ後、往路を下山します。


DSCF8328
下山後は「小斉の湯」で入浴しました。

見た目は少し古いですが、色々な露天風呂が有ります。


DSCF8327
駐車場の前に融け掛けの人工氷瀑。
ここでも作っていたのか!?

お疲れさまでしたm(_ _)m

2018/3/10 浜石岳


今回は静岡県の浜石岳へ行ってきました。

東海道五十三次でも特に絶景で知られる「薩埵峠」をスタート地点。
帰りは由比駅経由で東海道の歴史を感じて大満足の山旅となりました。

ただ、富士山に出会えなかった事だけが残念でしたが…


DSCF8209
薩埵峠の駐車場スタート!
ピストンの予定でしたが、お客様の提案で由比駅経由で周回することにしました。


DSCF8211
最初はミカン畑の中を縫うように巡らされた狭い車道をてくてく歩きます。


DSCF8212
美味しそうなミカンが沢山(^^)
でも、地元の方のお話では、若い担い手が少ないようです。
放置されている畑も多いとか(~_~)


DSCF8213
おっ、浜石岳への道標がありました。


DSCF8214
大きな竹が一杯( ゚Д゚)
「孟宗竹(モウソウチク)」と言うタケだそうです。
日本のタケ類の中で最大とタケ取りの翁が言っておりました(笑)


DSCF8216
山頂までは殆どが樹林帯です。
しっかりした道標が短い間隔で設置されていますので安心です(*´▽`*)


DSCF8218
「立花池」
水面が反射鏡のようになっていて、神秘的な雰囲気が漂っています。


DSCF8224
細かいアップダウンを繰り返して山頂へ到着!
広い山頂からは、駿河湾を望む絶景と富士山が見えるはずなのですが…
残念ながら富士山は雲の中。
中々、恋心は叶いませんね♡


DSCF8225
山頂手前で20人ぐらいの団体さんとすれ違って、山頂には私たちのパーティのみ。
貸し切りの山頂でランチタイム♪


DSCF8227
食べ終わったら鐘を鳴らして由比駅方面へ下山。
実は登った反対側には、山頂近くまで車道が延びています(@_@;)

ひたすら下ります!


DSCF8235
車道歩きが長いので、ちょっと一休み(*´▽`*)

興津桜と由比の街並みとミカン畑。
すごく雰囲気の良い場所です♪


DSCF8242
「デコポン」ゲット!


DSCF8243
由比駅に近くなると、浜石岳を望むことが出来ます♪


DSCF8248
東海道五十三次の16番目の宿場町「由比宿」。


DSCF8253
旧東海道の寺尾や倉沢地区を歩くと昔にタイムスリップしたような気分になります。


DSCF8260
薩埵峠へ戻ってきました。

カッコイイでしょ、僕の車(^_^)v(嘘です)
山の中に入っていけないですからね~(~_~)

しかし、良く歩きましたね。
歩行距離は19㎞近くになりました。

お疲れ様でした!


2018/2/25 守屋山


諏訪の名峰「守屋山」へ登りました。
僕が勝手に諏訪の名峰としています。

決してハードではないが、山頂はちょ~気持ちイイ!
癒しの山です♪

また登ってみたいと思う素晴らしい山でしたよ(^_^)v


DSCF8165
杖突峠の駐車スペースからスタート。
結構な台数が停まっていました。


DSCF8167
太陽光発電のフェンス脇を通り、笹の生い茂る林の中を歩いていきます。
すぐに氷結している部分が出てきたので、早めにチェーンアイゼン装着。


DSCF8168
すぐに雪に覆われます。
よく踏まれた雪面は歩き易いです。
途中から林道歩き。


DSCF8169
林道を歩いていくと分杭平へ到着。
時期になるとザゼンソウが咲くらしいです。


DSCF8170
分杭平には避難小屋とトイレもあります。
立派な標識も立っています。


DSCF8172
東峰に向かって、急斜面を登ります。
チェーンアイゼンで十分に対応できます。


DSCF8173
樹林帯を抜けるとひょっこりと東峰に飛び出します。

西峰に向けてアップダウンを繰り返し、西峰へ。


DSCF8182
守屋山の山頂である西峰は360度の展望!
今日は風が弱かったので、のんびりしました(*´▽`*)

八ヶ岳や美ヶ原をはじめ、北アルプス、南アルプス、中央アルプス、全て見えます。
残念ながら今日は雲が多くて全部は見られなかったですが。


DSCF8184
山頂脇にあるラビットハウス。


DSCF8186
中はすごくキレイです。
管理されている方の努力に敬服します。


DSCF8191
帰る頃に太陽が顔を出しました。
守屋山がまた来てと言っているようです。


DSCF8196
帰りに高遠温泉「さくらの湯」に立ち寄りました。
地元に愛される温泉のようです。
賑わっていました♪

お疲れさまでしたm(_ _)m



2018/2/17 伊吹山


今日は久々のお仕事。

東海圏の雪山では絶大な人気を誇る伊吹山!
積雪も多く一面の銀世界を想像するも、今回は吹雪(T_T)
途中で引き返してきました。

やはり人気の山だけに冬季でも登山者が多いですね。
透明ビニールガッパで登っている人には驚きましたが(◎_◎;)


DSCF7139
登山口付近は雨が降っていました!
いざ出発!


DSCF7143
登り始めてすぐに雨から雪へ変わりました。
高度を上げていくと、視界が悪く、さらに強風と横殴りの雪!
何度か歩を止めざるを得ない場面もありました。
しかし、これもリスクを負わない範囲で経験しておいた方が良いです。


DSCF7145
3合目。
お二人にはまだ余力が有りましたが、今回はここで引き返します。
これから天候も悪化する予報で、標高を上げていけば、それだけ気象条件も厳しくなります。
もう少し条件の良い時にまた来ましょう(^^)v


DSCF7148
ここではまだ視界が有りますが、もしこの広い場所でホワイトアウトしていると考えると、運やトレースだけに頼らずに雪山を歩けるようになりたいですね。


DSCF7151
登山口に戻ってきても、横殴りの雪です。


DSCF7152
一宮まで来ると、晴れています(^^;)
桜のケーキが美味しかったです♪
スターバックスで今後の山行計画について話し合いました。
お疲れさまでしたm(_ _)m

2018/1/31 権現山(岐阜・各務ヶ原)


今日は岐阜市の権現山(317m)と各務ヶ原市の権現山(317m)を御案内しました!

権現山は日本各地にあります。
徳川家康の「東照大権現」から来ているという説をお客様から教えてもらいました(・・;)
ありがとうございますm(_ _)m

岩登り要素もあり、展望も優れるこの2つの山の縦走はお勧め度が高いです♪


DSCF7115
リフレ芥見付近からスタート。


DSCF7116
少し車道脇を歩きます。


DSCF7119
権現槍と呼ばれる場所もあり、難しい場所は巻いたりしてレベルに応じて、岩場を存分に楽しめます♪


DSCF7120
高度を上げると、伊吹山や鈴鹿山脈もよく見えます。


DSCF7121
岩尾根を楽しんだら山頂へ。
岐阜市の権現山は「芥見権現山」とも呼ばれています。


DSCF7123
一旦、激下り人となってもらい、車道の走る峠へ下ります。
そこから今度は激登り人となり、北山へ。
北山からすぐに各務ヶ原権現山へ。


DSCF7124
名古屋方面の眺めが抜群です!

天気が良ければ、御嶽山も大きく迫力のある姿を見せてくれますが、今日は残念ながら見えませんでした(~_~)


DSCF7129
北山から諏訪山方面に向かう道中では、先ほど登ったゴンゲンザイデンが見えます。


DSCF7131
尾根からクリーンセンターへ下りる登山道は急な下り。
雪も少し残っているので慎重に下りました。


DSCF7132
今回登った岩尾根は右側ですが、左側の岩稜尾根も面白そうですね♪


DSCF7133
美人の湯で女性は美人になり、男性は「おネエ」になって帰りましたとさ(^_-)

参加された皆様、お疲れさまでしたm(_ _)m

2018/1/21 雪山♪御在所岳!


今日は御在所岳!

中道から頂上へ行き、裏道で下山。

ばっちりの「雪山」のはずでしたが、
17日の雨で随分と雪解けしてしまったようです(~_~)

でも上部は雪が豊富に残っていたので、しっかりと雪山を楽しめました♪


DSCF5811
中道登山道近くの駐車場
沢山空いていました。
日曜日のこの時間に、この駐車場に車を置けるのは、冬の時期だけでしょうね。


DSCF5812
良い天気(^_^)v
御在所名物の白い鉄塔もはっきり見えます。


DSCF5813
まだ登り始めは雪はありません(^_^;)


DSCF5815
中道のおなじみ「おばれ岩」


DSCF5817
「鎌ヶ岳」
御在所に来ると、毎回のように撮ってしまう。


DSCF5818
地蔵岩に登っている若者達。


DSCF5819
キレットを過ぎると登山道が雪に覆われてきたので、アイゼンとピッケルを装備します。


DSCF5821
鈴鹿山脈北部の眺め。


DSCF5825
山頂は風が強く寒かったですが、あずまやでコーヒーを飲みました♪


DSCF5828
国見峠までは最短ルートで下りました。
無積雪期はブッシュがうるさいですが、雪が隠してくれます。


DSCF5830
下りは裏道。
まだ中又は登れんかな~(~_~)


DSCF5832
藤内沢出会でYさんからコーヒーを頂きました。


DSCF5834
遅くなりましたが、藤内小屋のご主人に新年のご挨拶。
なかなか宿泊利用できていないので申し訳ないm(_ _)m

ついでに吊り革を使って、懸垂100回トレーニング(笑)
コーヒーを頂いたのに酷い仕打ち(^_-)


DSCF5835
去年の台風の爪痕が残っています。
道路が流されてしまってます。


DSCF5838
御在所サービスエリアでラーメンをゴチになりました。
ありがとうございますm(_ _)m

お疲れさまでした!