2019/8/15~18 穂高岳縦走(北~奥~前)


またまた穂高岳の大縦走!

今度は台風が近づいている中での山行になりました。
予定ルートの逆回りとして、稜線に出るのを遅らす山行計画にして台風通過を待ちました。

最後の1日だけでしたが、絶好の登山日和になりました。


RIMG1404
1日目(15日)
上高地から入山して、徳沢園でソフトクリーム。
王道ですな~(´。`)


RIMG1405
明日が行動が一番厳しくなるので、今日は行けるところまで詰めます。
横尾山荘に宿泊。


RIMG1408
2日目(16日)
午後になれば濃い雨雲は過ぎ去る予報。
山小屋に迷惑にならない範囲で、出来る限り出発を遅らせました。


RIMG1412
本谷橋の様子。

僕たちより先に出たパーティーで沢が増水しているので引き返してきた人達がいました。
少し心配しましたが、遅く出たのが功を奏して増水は収まっていました(^_^)v


RIMG1415
涸沢小屋に無事に到着。
偶然、マロンおじさんも涸沢から上高地を行き来する仕事で同宿です。


RIMG1417
3日目(17日)
台風は抜けたが、風の影響が少し残るということで、小屋で朝食を食べてから少し遅めの出発。

「一歩、一歩、晴れろ!」と心の中で祈りながら、北穂南稜を登っていきます…。


RIMG1421
祈り叶わずガスは取れず、北穂高岳山頂は霧に包まれました(ToT)


RIMG1422
天空のテラスで大休止。

「またここに来ましょう!今度は大キレットか東稜を通って…」


RIMG1423
北穂高岳から奥穂高間の稜線は岩だらけ。


20190822125919_p
楽しんでま~す♪


20190818043521_p
4日目(18日)
待ちに待った天気の良い日が訪れました。

行程を変えた分、今日は行程が長いので早朝に出発。


20190818044641_p
ジャンダルム~♪♪


20190818050133_p
穂高岳山頂に着いたと同時に日の出!

見える!見える!
360度パノラマです。

なんか魚眼レンズで撮ったような感じですね(笑)


20190818050901_p
風の影響を受けにくい場所で大休止。
こんな美しい景色が見られるので、すぐに移動したくありません。


20190818053424_p
吊尾根と前穂高岳、明神岳を臨む!
険しい山々です!


RIMG1434
前穂高岳の山頂も風もなく、またまたゆっくりしてしまいました♪


RIMG1435
今まで歩いてきた道のりが見えます!
こう見ると「ほんまに人が歩けるところかいな!」
下手な関西弁で表現したくなります。


RIMG1439
タフな重太郎新道を下り、岳沢小屋へ。
下りてきたらやはり超暑い…。


RIMG1441
やっと上高地へやってきました。

ここから今日通ってきた奥穂高岳、吊尾根、前穂高岳が見えます。

まさに感無量ですね(^_^)v


2019/8/9~12 穂高岳縦走(前~奥~北)


穂高岳の縦走に行ってきました。
人気の山域でお盆休みも重なり混雑したけど、天候に恵まれ気持ちよい山旅が出来ました(^o^)

3泊4日で前穂高岳から奥穂高岳、そして北穂高岳の順に巡りました。
爽快な岩稜尾根をゆったりと楽しみました♪


RIMG1200
1日目(9日)
何回来ても、必ず撮ってしまう河童橋付近からの穂高岳。
天気はバッチリ!


RIMG1206
岳沢小屋の気持ちよいテラスでビール!
暑かったので生ビールは最高!


RIMG1213
雲が織りなす自然の情景。
この後はもっと赤く幻想的になっていたようで、小屋のスタッフも写真撮影していました。


RIMG1215
2日目(10日)
早朝のまだ明るくなる前に岳沢小屋を出発。


RIMG1221
明るくなってきて、霞沢岳に焼岳、そして乗鞍岳が見えました。


RIMG1243
紀美子平にザックをデポして、前穂高岳往復。


RIMG1278
吊尾根を通過して奥穂高岳。
その頃にはジャンダルムの雄姿。
やっぱり異様な姿だけど、かっこ良いね。


RIMG1284
穂高岳山荘に到着。
かなり多くの宿泊者がいるようです。
でも、布団は1人1枚ありました(^_^)v


RIMG1287
3日目(11日)
夜が明けてきた頃に涸沢岳に向けて出発。


RIMG1291
常念岳付近から日が昇ります。


RIMG1296
涸沢岳を越えると岩稜帯に入っていきます。
山頂標識が新しくなりましたよね…?


RIMG1301
一般的に大キレットよりは注目されませんが、こちらの縦走路もなかなか手強いですよ~(^^;)


RIMG1327
北穂高岳山頂に到着!


RIMG1331
北穂高小屋で至福のコーヒータイム!


RIMG1344
北穂高岳南稜は長いハシゴ&鎖場で少し混雑(・o・)


RIMG1350
涸沢小屋に到着して、また生ビールを飲んでしまいました(^O^)
お酒は弱いのですが、どうしても生ビールの誘惑に負けてしまう(-_-;)


RIMG1353
テント場もまずまずの混雑。


RIMG1355
4日目(12日)
4日間通して晴れが続くとはラッキーでした。


RIMG1364
登山者で賑わう涸沢小屋。
これから上高地へ下山です。


RIMG1384
徳沢園で「野沢菜チャーハン」を食べました。
ここは食券方式になっていました。


RIMG1390
登山者と観光客上高地は凄い人でした。
バス待ちも今までに見たことが無いぐらい並んでいました。
私たちはシャトルバスの乗車券の半券を払い戻し、タクシーで帰りました。

お疲れ様でした!


2019/8/8 沢入谷で沢登り!


奥飛騨の高原川支流の沢入谷で沢登りを楽しみました♪

久しぶりの沢登りでしたが、やっぱり暑い夏には気持ち良いですね(^^)v


RIMG1161
淵もありますが、基本的にはナメの多い沢。


RIMG1172
水も綺麗で、ヒルもいなくて快適♪


RIMG1164
そのうちの一つ「五郎七郎滝」

岩の凹凸の関係ですかね?
細かい白い泡筋がお見事!


RIMG1176
「岩洞滝」は凄い迫力!
1本のラインをかなりの水量で流れ落ちる姿に感動!


RIMG1182
最後に「蓑谷大滝」


RIMG1188
ここで蓑谷大滝を見ながら、食事&ティータイム。
滝のマイナスイオンを浴びながらなので、暑さも気になりません。


RIMG1191
蓑谷大滝を巻いたら、急な下り。
練習も兼ねて念の為、懸垂下降3ピッチ。

たっぷりと沢で遊べましたね(^^)v


2019/8/6~7 焼岳


焼岳に縦走で登ってきましたよ♪

上高地へのシャトルバスを帝国ホテルで下車。
田代橋から登り、宿泊は西穂山荘。
主稜線を焼岳まで縦走して中ノ湯へ下山。


RIMG1123
1日目(6日)
美しい大正池からの穂高!


RIMG1124
帝国ホテルの屋根の赤色が眩しい(@_@)


RIMG1126
田代橋を渡ると立派な登山口!

ガイドはそんなにいないと思っていたこのルートで、某ツアー会社のエースで、売れっ子の先輩ガイドに会いました。


RIMG1130
西穂山荘は賑わっていました。


RIMG1132
2日目(7日)
早朝出発。
この辺りはクマ出没注意(◎_◎;)


RIMG1133
山登りの醍醐味の一つ。
夜が明けてきて、時間によって自然は表情を変えます。


RIMG1142
焼岳小屋に到着。
ココア等の温かい飲み物を飲んでリラックス(^^)


RIMG1143
ついに焼岳が目の前に…


RIMG1146
やったぁー!!
山頂へ到着!
気持ちイイね~♪


RIMG1151
歩いてきた方面と穂高連峰。


RIMG1152
帰りは下り口の岩場で少し渋滞(^^;


RIMG1153
正賀池と火口。


RIMG1156
帰る頃に少し雨に降られました。
雨具は使ったかな?どうだったかな?忘れました(^^;)

お疲れ様でした!


2019/7/30~8/1 鹿島槍ヶ岳~五竜岳(八峰キレット)


八峰キレットに行ってきました。

霧が幻想的な風景を見せてくれました(^^)v


RIMG0847
種池山荘前のコバイケイソウの群落が見事です♪


RIMG0887
鹿島槍ヶ岳の南峰からの撮影。
真っ白な霧の中からから姿を現した五竜岳!


RIMG0896
鹿島槍ヶ岳北峰!
ガス時々晴れ!


RIMG0911
鹿島槍ヶ岳から続く美しく荒々しい稜線。
八峰キレットも楽しみながらクリア。


RIMG0925
五竜岳山頂で景色を楽しんだ後は、遠見尾根から鹿島槍ヶ岳の北壁を見るのが楽しみの一つ♪

お疲れ様でした!


2019/7/26~29 十勝岳&トムラウシ山


4日間、北の大地まで足を伸ばしました。
日本百名山の「十勝岳」と「トムラウシ山」。

残念ながら十勝岳は天候が荒れたため登頂できませんでしたが、トムラウシ山は素晴らしい景色に出会えました。
飛行機を利用しての山行は大変ですが、非日常性が高まるような気がします。

前回の北海道山行の幌尻岳も良かったですが、今回もとても楽しくて良かったです♪

RIMG0762
1日目(26日)
今日はカミホロ荘までの移動日。


20190726190441_p
豚肉ステーキが美味しかったです。


RIMG0760
2日目(27日)
十勝岳へのアタック日。

天気予報は激悪でしたが、一応登山口の望岳台まで行ってみることに。
着いたら、登山口でさえも強雨&強風(>_<)
昼頃まで続く予報なので、安全性の裕度が保てないとの判断で中止としました。

望岳台の立派な施設(防災シェルター兼登山案内所?)で、少し十勝岳の事を勉強しました。


RIMG0767
観光に切り替え富良野へ。
時期は少し遅いとの事ですが、十分にきれいなラベンダー畑に感動♪


RIMG0769
お花畑もきれいでした。


RIMG0777
お昼ご飯は「唯我独尊」というカレー屋さん。
評判のお店のようで、長い行列が出来ていました。
スパイスの効いたカレーは美味しく、並んだ甲斐がありました(^_^)v


RIMG0778
最後に富良野ワインの工場を見学しました。

その後、トムラウシ山登山のベースとなる東大雪荘へ向かいます。


RIMG0785
宿にチェックインする前に登山口を下見。

子供連れグループも明日登るようです。
元気が良すぎて、今日登りたいと言っていました(笑)


RIMG0842
これから2泊する東大雪荘。
温泉も入り放題が嬉しいです♪


RIMG0786
夕食の様子。

登山後の温泉とビールの組み合わせは最高に近いですね!
今日は登っていませんが…(汗)


RIMG0788
3日目(28日)
3時30分スタート。
12時間超の長い山行の始まり。

スタートは真っ暗でしたが、北海道の中央部に位置するので、明るくなるのも早いです。


RIMG0792
コマドリ沢の雪渓はもう小さくなっていて、左岸側の夏道を歩きました。

トムラウシ公園の辺りはガスが濃く、展望はありませんでした。


RIMG0802
山頂に近づくほど、ガスと強風が酷くなっていきます。

やりました!
トムラウシ山登頂です!(^^)!


RIMG0816
帰りは晴れ間が出てきました!
美しい光景が突然現れ、前後の登山者達の足も止まります。


RIMG0818
複雑な地形の溶岩台地は、様々な風景を見せてくれます。


RIMG0822
お花畑もきれいでした。
これだけ規模が大きいのは初めてかも。

トムラウシとは、アイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも言われているようです。


RIMG0826
岩場もあり、登山道は変化に富んでいます。


RIMG0837
登山口に戻りました、無事下山です。
頑張りましたね!ちょうど12時間でした。


RIMG0839
宿の前に靴洗い場があるのが嬉しい。


RIMG0841
充実した山行後は、祝登頂の乾杯!
最高のひとときですね(^o^)


RIMG0843
4日目(29日)
楽しかった山旅も今日で終わり。
フライト時間まで新千歳空港を楽しんで、名古屋へ帰着。

お疲れ様でした!


2019/7/23~25 鹿島槍ヶ岳


今回はガイドとしては、久々の鹿島槍ヶ岳へ行ってきました。
僕もお気に入りの山です(^_-)
扇沢からのピストン、3日間の行程です。

1泊目は種池山荘、2泊目は冷池山荘。

梅雨は明けましたが、雲は多くガスが多かったです。
でも、幻想的な風景も見られまして良かったです♪


RIMG0710
1日目(23日)
今日は種池山荘まで。
柏原新道上部はコバイケイソウの大群落が見事!


RIMG0727
2日目(24日)
まずは爺ヶ岳に登頂!
300名山ですね。


RIMG0728
独特な風景の冷池山荘。


RIMG0738
布引山を越えて、鹿島槍ヶ岳南峰に登頂!
ガスは多かったですが、広々とした山頂は良いですね。
少しゆっくりしてから、宿泊する冷池山荘に向かうべく来た道を戻ります。


RIMG0744
3日目(25日)
見事な雲海に自分が山の上にいることを強く感じます(´。`)


RIMG0746
振り返って、双耳峰の鹿島槍ヶ岳。
カッコイイな~…


RIMG0752
種池山荘まで戻ってきました。
気持ちよい稜線と背後には立山と剱岳。


RIMG0756
またコバイケイソウの大群落(^^;)
ブログに2度登場するぐらい見事でした。

お疲れ様でした!


2019/7/20~22 水晶山&御嶽山


山梨へ沢登りに行こうと思っていましたが、昨日までの雨でコンディションが不安なので目的地変更。

瑞浪市の水晶山と御嶽山に変更しました。

お客様のリクエストで御嶽山の五ノ池小屋に宿泊。
カンブリア宮殿で紹介されていたようです。

おもてなしの気持ちを感じられる素晴らしい山小屋でした♪


RIMG0614
1日目(20日)
雨が少し残る天気。
瑞浪市の水晶山へ行きました。


RIMG0617
ふれあい自然館に立ち寄りました。
室内にあるボルダリング壁を子供が登っていました。


RIMG0621
2日目(21日)
御嶽ロープウェイを使って、一気に2180mまで。


RIMG0632
土曜日なので登山者も多かったです。


RIMG0635
明日は天気が悪い予報なので、今日のうちに山頂へ行きます。

山頂直下には避難シェルターが出来ていました。
ここに慰霊碑もあったので、手を合わせてから山頂へ。


RIMG0636
山頂で少しゆっくりしてから、途中で摩利支天へ立ち寄り、五ノ池小屋へ向かいます。


RIMG0661
三ノ池は豊富な水量ですね。
ブルーの水面が美しい。


RIMG0662
五ノ池小屋に到着!


RIMG0670
受付を済ませてから、早速テラスで乾杯!


RIMG0671
マヌケな顔をして、木製椅子でくつろいでいますね(普段はマットが引いてあります)
今日は風が少し強いので、長い時間はいられませんでしたが、気分上々です♪


RIMG0676
夕食も美味しかった~(^o^)


RIMG0686
この小屋の名物のひとつ。
手作りピザ。


RIMG0684
薪ストーブが暖かい♪
これでピザを焼いてました。

ピザだけではなくスイーツもありますからね!(^^)!


RIMG0690
3日目(22日)
居心地が良すぎて名残惜しいですが、継子岳へ出発。
三ノ池を周回して、飯盛高原駅へ戻ります。


RIMG0693
今日は誰もいない「継子岳」
風が強く、雨も降りそう…


RIMG0694
そんなに多くはないですが、コマクサが咲いていました。


RIMG0698
下山中は雨に降られて、少し寒かったので、行場山荘で温かいうどんを食べました。
名物の「ちから餅」も頂きました。

下山後は木曽の温泉に入って、体を温めて帰りました!

お疲れ様でした!


2019/7/17~18 笠ヶ岳


飛騨の名峰「笠ヶ岳」へ。

登りは小池新道、下りは笠新道の計画でしたが、
天候不順のため、登頂は諦めて2日間で下山しました(>_<)

また秋にリベンジしましょう!


RIMG0564
雲が多いですが、最近では久々の好天らしいです。


RIMG0565
湿度が高く、蒸し暑い(-_-;)
風穴が貴重な冷却源となります。


RIMG0572
噂の笠新道を見送り、先に進みます。


RIMG0573
きれいな「わさび平小屋」
名物の野菜も冷やされています。


RIMG0576
残雪のブリッジ。
慎重に通過します。


RIMG0595
オオバキスミレ
花も少しずつお勉強(-_-;)


RIMG0596
鏡池に到着。
逆さ槍を期待しましたが、残念ながら槍が雲に覆われてしまいました。


RIMG0602
今回、宿泊した「鏡平山荘」
ホスピタリティ溢れるすごく良い山小屋だと思います。
先日、宿泊した南アルプスの某小屋と比べると雲泥の差。


RIMG0597
夕食は登山者には嬉しい盛り沢山メニュー。


RIMG0598
朝、タイミングよく槍が見えました。
しかし、明日が荒れる天候の為、山頂への登頂は諦めて早めに下山しました。


RIMG0605
ニッコウキスゲ


RIMG0604
昨日まで繋がっていたのに、昨夜の雨で随分溶けて落ちたようです(゚_゚;)


RIMG0611
狙い通り、本格的に降り出す前に戻れました。
お疲れ様でした!


2019/7/13~15 塩見岳


早く梅雨明けしてほしい(>_<)

雨の塩見岳登山になりました。
鳥倉登山口からのピストン。

天候が悪くピークまでは行けなかったですが、
日本の梅雨の山をたっぷり味わいました(^^;)


RIMG0539
やはり3連休初日(゚_゚;)
鳥倉林道のゲート手前はほぼ満車です。


RIMG0541
鳥倉林道登山口
1日2本ですが、ここまで入るバスはありがたい!


RIMG0547
三伏峠小屋に2泊しました。
残念な山小屋でした(>_<)
RIMG0550
ずっと雨の印象です。
強雨をやりすごし、雨具フル装備で出発!


RIMG0554
雨とガス、時折風も強い…
山頂への登頂は断念(-_-;)


RIMG0559
3日目の三伏峠小屋からの下山。

個人的に怖いのはこの濡れた木橋。
慎重に下りました(゚_゚;)

悪天の中、怪我無く下山しました。
これが一番(^_^)v

お疲れ様でした!