2019/11/8 初級岩稜帯通過講習


豊橋の立岩で初級の岩稜帯通過講習を行いました。
快晴の中、斜面の登り下り、鎖場の通過等の練習をしました。
お疲れ様でした!


20191108140347_p
立岩はチャートの岩場。
クライミングだけではなく、緩斜面もあり岩稜帯通過トレーニングには良い岩場。


20191108165528_p
お客様と解散した後、ちょっと個人的に登りました。
なかなか技術は向上は難しく、積み上げていくしか無いですね(>_<)

2019/11/6~7 大杉谷~日出ヶ岳


大杉谷から日出ヶ岳の縦走へ行ってきました。

相変わらず豪快かつ個性的な滝と美しい渓谷は見事です!(^^)!


20191106131432_p (1)
シシ淵


20191107094111_p
堂倉滝


20191107132038_p
山頂看板が出来てました。
以前、訪れた時は確か無かったと思いましたが。

心の乱れに「あっ~!」と叫びたくなります(ToT)


2019/11/4 御在所岳本谷


昨日に引き続き御在所岳。
連休の最終日ですが、本谷ルートはあまり人がいませんでした。
久しぶりの本谷でしたが、崩れた箇所が多く前に来たときよりも、渓相が随分と変わっていました。


RIMG2762
下部の状況はあまり変わっていませんね。
1回目の休憩は見晴らしが良くなる大岩の上。


RIMG2763
紅葉も色づいてはいましたが、もう一声という感じですね(^_^;)


RIMG2764
ロープウェイが止まっていました(>_<)
強風の為、運休との事でした。


RIMG2767
大黒岩からの景色は素晴らしい!


RIMG2768
山頂にも一応行きました。


RIMG2773
中道で下山予定でしたが、昨日渋滞で通過待ちが酷かったので、下山ルートを変更しました。
参加者全員が通った事の無い表道登山道で下山。


RIMG2774
鎌ヶ岳はいつ見てもカッコ良いな~。


2019/11/3 御在所岳後尾根


最近は天気も安定してきて良い感じ(^^♪
今回は後尾根へ行ってきました!

紅葉時期の3連休に天気の良い3拍子揃った御在所岳。

もはや混むのは決定ですね(^_^;)


RIMG2744
う~ん、スタートから既に人多し(~_~;)


RIMG2745
藤内小屋も賑やかです♪


RIMG2747
藤内小屋スタッフOさんの話だと、今日は砦岩もクライマーが入っているらしい。


RIMG2749
藤内沢出会からクライマーで賑わう藤内壁へ。
新境地へ足を踏み入れます。


RIMG2754
後尾根登攀。
核心のチョックストーン越え!


RIMG2755
随分と登りましたよ~♪
あと少し、ガンバです!


RIMG2757
見晴らしの良い場所で、心地よい時間を過ごします♪


RIMG2759
中道に合流したら登山者の渋滞にはまりました(ToT)

キレットでルートではない岩を登って、ちょっとだけ遊びました。
砦岩経由で藤内小屋へ戻り、無事下山しました。

お疲れ様でした!(^^)!


2019/10/26~27 大峰山


「下ノ廊下」の予定でしたが、諸事情により大峰山に変更となりました。

行者還トンネル西口ピストンで、弥山小屋に一泊するゆったり行程です。
ガスガスでしたが、大峰山らしい雰囲気が味わえたと思います。

お疲れ様でした!

RIMG2698
1日目(26日)
行者還トンネル西口
土曜日なので車多し。


RIMG2700
大峯奥駈道に合流。


RIMG2704
紅葉まずまず♪


RIMG2709
最後の方に歩きやすい階段が出てきます。


RIMG2713
宿泊する弥山小屋に到着。
弥山に立ち寄ってから、小屋でノンビリと過ごしました♪


RIMG2714
そんなに動いていないけど食べて飲んでしまう(~_~;)

減量に取り掛かれそうも無い…


RIMG2715
小屋はきれいでストーブも炊いてくれます。
夕食後は歓談タイム♪


RIMG2716
食堂には、大峯奥駈道の手書き図が飾ってあります。
分かりやすいです(^^)


RIMG2717
2日目(27日)
今日もガス(^^;)


RIMG2718
弥山小屋から30分足らずで大峰山系の最高峰「八経ケ岳」へ到着。


RIMG2719
その隣のピークである「明星ケ岳」にも行きました。


RIMG2724
霧が幻想的な風景を演出します。


RIMG2727
こうゆう雰囲気も良いですね♪


RIMG2729
弥山小屋まで戻りました。

「弥山」の看板は立派やな。


RIMG2730
すぐ横にある避難小屋。
鍵がかかっていたので、中は見えませんでしたが綺麗そうです。


RIMG2733
そのまま往路を戻り、行者還トンネル西口へ無事到着!
お疲れ様でした!


2019/10/17~18 大渚山&雨飾山縦走


秋の紅葉時期の定番企画となってきました!
「雨飾山縦走ツアー」

温泉、紅葉、登山
登山が最後になっていますが(笑)
3つの要素を最大限に楽しめる山の一つだと思います♪

1日目…大渚山と鎌池
2日目…雨飾高原キャンプ場→雨飾山→雨飾山荘

長野県小谷村から新潟県糸魚川市に抜けるルートです。
2日目は降雨予報でしたが、最後まで雨に遭わずに下山できました。

「日本秘湯を守る会」の会員宿の温泉を2つ楽しみました♪

20191017094911_p
1日目(17日)
梓川SAの展望台で北アルプスの山々を眺めました♪


20191017112358_p
白馬村にある蕎麦屋でランチタイム。


20191017150918_p
足慣らしで「大渚山」に登りました。
山頂からは雨飾山が雲に浮かんでいました。


20191017151459_p
北アルプス方面は雲が多いです。


20191017165216_p
大渚山を下山後に、「鎌池」にも立ち寄りました。
時間が遅かったので、光が入らずイマイチな画像になってしまいましたが、現地では綺麗でしたよ♪


20191017180933_p
毎年、お世話になっている「小谷温泉 大湯元 山田旅館」の豪華な夕食。
ここの温泉と食事はツアーを楽しむ重要な要素(^_^)v


20191017193534_p
雨飾山のDVD上映。
俳優の小野寺昭さんが登っていました。


RIMG2658
2日目(18日)
早朝に宿を出ます。


RIMG2659
雨飾高原キャンプ場から登山スタート。
さすが、平日だれもいません。


RIMG2662
ブナ林が美しいです。


RIMG2666
荒菅沢に着くと白く光る布団菱の姿が見えます。


RIMG2669
美しい紅葉!


RIMG2672
金山と天狗原山。


RIMG2673
随分と上部まで来ました。
もうすぐ笹平に着きますよ~!(^^)!


RIMG2676
「笹平」
その奥に目指す雨飾山のピーク!


RIMG2679
山頂手前の急登を登ったら山頂へ出ます。


RIMG2680
山頂から見た笹平。
登山道が女性の横顔に見えるらしいです。


RIMG2690
新潟方面に下ってきました。
グラデーションっぽい紅葉も好きです♡


RIMG2693
新潟へ下る薬師尾根は両側が切れ落ちている場所が多いので緊張します。
木の根や苔も多く、急斜面が続くので下りは特に注意が必要です。


RIMG2697
なんとか縦走完了!

下りたところに雨飾山荘があります。
温泉入浴して帰りました♪

お疲れ様でした!


2019/10/14~16 赤岳 天狗尾根


今回は赤岳の東面の人気バリエーションルートの「天狗尾根」へ行ってきました。
沢徒渉あり、急登あり、岩登りあり、3000m級の高山。
色々な要素があって面白かったです(^_^)v

1日目…南山&クライミングジム~Yatsugatake「J&N」
2日目…たかね荘~天狗尾根~赤岳頂上山荘
3日目…県境尾根~たかね荘

台風通過直後で各地の被害が明らかになっていく中、色々と心配でしたが、このルートに関しては、目に見える大きな被害はありませんでした。

この時期の3000m級の山はもう冬支度を始めていますね。
寒かったです(^^;)

20191014095428_p
1日目(14日)
明日からの「天狗尾根」に備え、南山ゲレンデで岩登りトレーニングしようと思いましたが、無情にも雨…。
駐車場脇にある東屋で、ロープワークの練習のみになりました。


20191014145354_p
長野県伊那市にある「アチーブ」というクライミングジムで、ロープクライミングを楽しみました♪


20191014185526_p
またもや「J&N」さんに宿泊。
ここは心地良すぎます♪


RIMG2572
2日目(15日)
早朝にJ&Nを出発して、たかね荘へ移動。
たかね荘の登山者用駐車場からスタート。


RIMG2579
地獄谷の沢沿いを詰めていきます。
徒渉を何度も繰り返します。


RIMG2582
沢沿いを詰めていくと「出会小屋」という避難小屋があります。
地元の山岳会によって、綺麗に維持されています。


RIMG2593
出会小屋を見送り、天狗尾根に乗って急な尾根を登り詰めます。

しばらくすると「カニのはさみ」という岩峰が出てきます。


RIMG2600
ここからは岩や草付きを登ったりが多くなってきます。


RIMG2602
迫力ある岩峰ですが、これは「第2岩峰」。


RIMG2603
後ろに見えるのが今日のハイライト「大天狗」です。
ガスが不気味さを演出しています(゚_゚;)


RIMG2609
大天狗の「直登ルート」と呼ばれるラインを登ります。

最後の3~4mぐらいは、傾斜があるので、使える手足のホールドを探し出さないといけません。
それがバリエーションルートの楽しみでもありますね♪
一般登山道だと、こういった場所にはハシゴや鎖が付いていて、探し出す必要が無い場合が多いですからね。

ガスが無かったら、凄い高度感なんですよ(゚Д゚)


RIMG2611
大天狗からは懸垂下降。
短いロープだったので2ピッチ。


RIMG2615
こちらは「小天狗」


RIMG2622
一般登山道に合流して、赤岳山頂。
稜線は風が強く寒いので、記念撮影してすぐに山頂にある赤岳頂上山荘に入ります。


RIMG2627
宿泊する「赤岳頂上山荘」
早めに着いたので、お昼ご飯です。
僕はもつ煮と生ビール。
小屋でのんびり過ごしました。


RIMG2629
3日目(16日)
風が強く霧も濃いので、少しゆっくりめの出発としました。


RIMG2630
小屋内は、神棚とギターという新鮮な組み合わせ。
なかなか味があります。


RIMG2632
今季、一番の寒気が入ったようです。
小屋の外はこんな状態。


RIMG2637
真教寺尾根を下る予定でしたが、氷がびっしりの尾根を歩きたくないので、ここから東面にエスケープできる県境尾根を下る事にします。


RIMG2638
時折、ガスの切れ目から、尾根と雲海が見えます。


RIMG2639
県境尾根もなかなか手強いですよ~。
お客様は楽しんでました(^_^;)


RIMG2643
見事な雲海!


RIMG2645
県境尾根から天狗尾根が見えます。
一番大きい鋭峰が「大天狗」!


RIMG2652
県境尾根を下りきった所からの天狗尾根と赤岳。
面白いルートでした!(^^)!


RIMG2657
帰りは「甲斐大泉温泉 パノラマの湯」で日帰り入浴。

コンパクトなバリエーションルートで充実の山行でした♪


2019/10/9~11 妙高山&火打山


妙高山と火打山に登ってきました!

1日目:笹ヶ峰から入山~黒沢池ヒュッテ
2日目:~妙高山~火打山~高野池ヒュッテ
3日目:~笹ヶ峰へ下山。

一昨年の同時期に登った以来ですね。
笹の草原が美しい光景は印象に強いです(^^)


RIMG2489
1日目(9日)
笹ヶ峰から入山。
立派な登山口からスタート。

天気が良くなって嬉しい♪


RIMG2491
「十二曲がり」では、数字が進んでいくのが楽しい♪


RIMG2495
紅葉の色づきはイマイチですが、それでも綺麗です♪


RIMG2497
「富士見平」
黒沢池ヒュッテと高野池ヒュッテへの分岐点となります。


RIMG2499
黒沢池ヒュッテに近づくと黒沢池のある平原に出ます。
この平原も素晴らしい景色です♪


RIMG2505
今日の宿「黒沢池ヒュッテ」に到着。
ドーム型の屋根が特徴的です。

管理人が替わったのか、マークはいませんでした。
あの絶妙なジョークを聞くのを楽しみにしていただけに残念(>_<)

小屋の印象を良くするのも悪くするのも、やっぱり人ですね。
感じの悪い小屋番とサービス精神の無さには、非常に残念な思いをしました。

マーク、カムバック!!


RIMG2506
夕食で~す。


RIMG2507
ドーム型屋根の内部。
寝た姿勢では、星は見えなかったです(ToT)


RIMG2508
2日目(10日)
朝食は、ここの名物「クレープ」
味は…だが、メニューは替わっているので一食の価値はあります。


RIMG2514
画像はいきなり妙高山の山頂ですが、そんなに近いという訳では無いですよ。
3時間程度は掛かっています。


RIMG2526
南峰には妙高大神が祭られています。


RIMG2525
目一杯ズームしたので、あまり鮮明ではないですが、白馬三山です。


RIMG2528
こちらは富士山。


RIMG2536
岩の窓から後立山連峰。


RIMG2538
天気が良く眺めも良いのでずっと山頂にいたくなりますが、下山開始。

長者池も素敵な場所です♪


RIMG2542
黒沢池ヒュッテに戻り、デポしておいた荷物をパッキングし直して、茶臼山経由で高野池ヒュッテへ向かいます。


RIMG2549
高野池ヒュッテに到着。
テントを建ててから火打山へ。


RIMG2551
「天狗の庭」も美しい湿地帯の平原。


RIMG2555
登ってきた道を振り返ると、妙高山と平原。
癒やされるわ~(´。`)


RIMG2562
火打山の山頂。
こちらも眺めは良いです♪


RIMG2565
戻ってくると全体的に赤みを帯びた高野池の風景に心奪われます(^^)


RIMG2569
快適なテント場でぐっすり就寝。
Zzz…


20191011073837_p
3日目(11日)
予報通りのはっきりしない天気。
でも、下山を始めると段々と良くなってきました。


20191011092713_p
紅葉に足がすぐに止まります。


20191011124606_p
笹ヶ峰へ下山後、赤倉温泉へ。
源泉掛け流しの野天風呂へ行きました。


20191011130552_p
野天風呂のスタッフにお勧めのお店を教えてもらいました。
ご当地グルメの「レッド焼きそば」を食べました。



2019/10/4~6 笠ヶ岳


紅葉の笠ヶ岳へ行ってきました!

1日目:新穂高~わさび平小屋
2日目:笠新道を登り、笠ヶ岳登頂。笠ヶ岳山荘泊。
3日目:抜戸岳~大ノマ岳~弓折岳~小池新道で新穂高へ下山。

「笠ヶ岳」は、僕の中では孤高の山のイメージ。
ついでとかでは登れない、それだけを目指して行かないと…

前回の7月は、悪天予報で笠ヶ岳山荘に閉じ込められる可能性があったので断念しましたが、今回は行けて良かったです♪


20191004130204_p
1日目(4日)
台風から変わった温帯低気圧の影響で大荒れ。
わさび平小屋まで1時間ちょっと歩いただけで、ずぶ濡れ(ToT)


RIMG2378
2日目(5日)
夜中まで雨が降り続いていました。
出発時にはすっかり良い天気!


RIMG2384
わさび平小屋から少し新穂高方面に戻り、笠新道から登ります。
確かに噂通りの急登が続きます。
でもゆっくり登れば大丈夫!

少し標高を上げると、穂高連峰の迫力あるギザギザが見えてきました。


RIMG2393
今日は土曜日。
天気も回復して、登る人も多いです。


RIMG2399
槍~!


RIMG2402
杓子平に着くと、笠ヶ岳の山頂と山荘が見えます。

「遠いな~(@_@;)」


RIMG2413
笠ヶ岳に至る主稜線に乗りました。

今年はナナカマドが赤くなっていないですね。
でも、ツツジの種類?が綺麗でした。


RIMG2422
山荘に近づくにつれて、石が多くなってきました。
浮石は少なく登りやすいです(^^)


RIMG2423
ブロッケン現象が現れました!
少し写すタイミングを逃してしまい薄いです(>_<)
RIMG2425
笠が岳(2898m)の山頂です。

今回で日本100名山を全て登り終えたお客様がいました。
おめでとうございます!(^^)!


RIMG2438
笠ヶ岳山荘からは見事な山岳風景が楽しめます♪
槍~穂高の姿はもちろんのこと、黒部五郎岳や双六岳、北アルプスの奥地も見えます。


RIMG2440
山頂から下りてきて、いつものように楽しい宴が行われています♪


RIMG2441
夕食はボリュームたっぷり。
カレールーもおかわりが出来ます。


RIMG2442
なかなか山岳雑誌も読む時間がないので、山小屋に来ると読み漁る時があります。


RIMG2446
3日目(6日)
最終日です。
今日は湿った空気の流入で曇りがち…


RIMG2448
ストーブを惜しみなく炊いてくれました。
寒いのでありがたいです。


RIMG2451
快適な山小屋でした♪
さあ、出発!


RIMG2453
これから行く稜線が見えます。

抜戸岳と大ノマ岳も一応行きましたが、行かなくても良かったかも!?
道が悪い割にピークに登頂した達成感があまり無い(~o~)


RIMG2469
槍穂高はガスの中(>_<)
RIMG2470
秩父平。
見上げると、巨大な岩頭がいっぱい有ります。

さらに氷河地形がたくさんあるので飽きさせません。


RIMG2475
ガスと稜線の風のせめぎあい。

アップダウンがキツイですが、やっぱり稜線歩きは楽しい♪


RIMG2482
鏡平山荘でラーメンを食べました。
美味しかったです♪

鏡池は槍穂岳方面がガスガスだったので次回に期待。


RIMG2486
流石にこの高低差は疲れますね(^-^;
お疲れさまでした!


2019/9/26~29 裏剱縦走


3泊4日で室堂から欅平まで、裏剱の山域を縦走してきました。

1日目:立山駅~室堂から入山して剱澤小屋まで。
2日目:二股経由で仙人池ヒュッテまで。
3日目:仙人谷と雲切新道を通り、阿曽原温泉小屋まで。
4日目:欅平~宇奈月温泉へ下山

山深い裏剱の豪快な風景に心躍る山行になりました♪


RIMG2233
1日目(26日)
立山駅の駐車場は思ったより混んでいましたが、スムーズにケーブルカーに乗る事が出来ました。


RIMG2241
室堂も天気が良かった♪


RIMG2247
雷鳥坂。
色付きはまだまだですが、紅葉も始まっています♪


RIMG2258
剱澤小屋からの剱岳。
霧が晴れて良かった♪


RIMG2265
やっぱり剱澤小屋のご飯は美味しい!


RIMG2268
2日目(27日)
快適な剱澤小屋を出発。


RIMG2274
剱沢の雪渓を下ります。
前日に小屋のご主人から雪渓の状態を聞けました。
剱の山域はこの時期でも雪渓の通過があるのが大きな特徴。


RIMG2285
真砂沢ロッジから二股吊橋の間にある鎖場。
一瞬、身体がのけぞります(@_@)


RIMG2289
二股吊橋からは三ノ窓雪渓が見え始めます。
いよいよ裏剱ツアーの見所です。


RIMG2291
仙人新道は三ノ窓雪渓と対面する所。
チンネも見えていますね。


RIMG2302
仙人新道の急登を登りきり、仙人池ヒュッテも見えました。


RIMG2304
雲も綺麗で、秋の空ですね~(^^)


RIMG2307
少し池ノ平山荘へお散歩。


RIMG2312
中日ドラゴンズ?


RIMG2317
仙人池を眺めながら宴会♪


RIMG2318
仙人池の逆さ剱。
撮影時はちょっと雲が多くなってました(ToT)


RIMG2323
3日目(28日)
仙人池ヒュッテは味のある山小屋でした。


RIMG2326
仙人温泉前で少し休憩。


RIMG2327
仙人温泉の源泉が沸いている所。
本当に仙人が住んでいそうな雰囲気。


RIMG2330
そして、雲切新道の激下り。


RIMG2337
長いハシゴを下りきった先は、仙人谷ダム。
美しいコバルトブルーが見事!


RIMG2339
仙人谷ダムの中や、高熱隧道の線路を横切ります。
ここがまたこのツアーの面白い所ですね(^^)


RIMG2340
阿曽原温泉小屋に着いて、温泉を堪能。
カメラを持ち込むのは抵抗があったので、画像が無いのが残念(ToT)
そしたら三脚を立てて動画撮影していた人が…(当然、その時いた男性入浴者の承諾は得ていました)

夕食はカレー。
これまた美味しい!


RIMG2342
4日目(29日)
いよいよ最終日。
阿曽原温泉を後にします。
本当に山深い所に建っていますね。


RIMG2351
怖いけど、楽しい水平歩道。


RIMG2354
高度感が最高潮になる大太鼓。


RIMG2357
真下を撮っても、伝わらないんだよな~(゚_゚;)
現地へ行って体験しないと…。


RIMG2366
欅平に抜けました。
大縦走でしたね。


RIMG2373
1時間20分ほどトロッコ列車に乗ります。
黒部渓谷の情緒を楽しみながら宇奈月温泉へ。

剱を色々な角度から見て、雪渓を渡り、阿曽原温泉に入り、水平歩道。
見所満載の裏剱縦走は本当に充実します。

お疲れ様でした!