2021/1/16~17 金比羅山&堂満ルンゼ中央稜


1日目に京都金比羅山でアイゼントレーニング。
2日目は堂満ルンゼ中央稜を登ります。

両日とも天気は良いとは言えませんが、風は弱くて助かりました。
堂満ルンゼ中央稜は人気ルート。
順番待ちが出来ていました。


RIMG2007
アイゼンを履いて金比羅山のY懸尾根。
この時期のこの雨の中、登っているのは僕たちだけ。


RIMG2011
Y懸の頭に到着!


RIMG2012
手が届きそうな近くに虹(^o^)


RIMG2014
懸垂下降で沢に下りて、そのまま下山。


RIMG2015
2日目(17日)
雪の無い「イン谷口」を出発。

イン谷口?
この地名に何か怪しげな雰囲気を感じるのは僕だけか。


RIMG2017
ちょっと取付きを通り過ぎて下りる。
下から正規のラインで登ってきたパーティと同時に着いて恥ずかしかった(-_-;)


RIMG2018
中央稜の取付き。
雪がほぼ全く無いんやけど…


RIMG2020
このルンゼは落石が非常に怖いですね。


RIMG2021
怖ーいルンゼを抜けたら少しほっとします。


RIMG2022
第一支稜に乗ってから、急登を登り詰めると山頂!


RIMG2023
山頂からは琵琶湖が眼下に広がります。


RIMG2024
ここだけ見ると積雪が多いな~と思います。


RIMG2027
これも凄い名前の峠だ。
山名にもありますね。
そちらは「金糞岳」


RIMG2028
雪が少なくて12本爪アイゼンでは歩きにくい(~o~)
でも凍結が多いので、結構下までアイゼンで粘りました。

アルパインルートは条件が一緒ではないのが、魅力の一つでもあると思います。
だから同じルートでも何度も行きたくなります。
今度はもう少し雪の着いている中央稜も登りたいですね。

お疲れ様でした!


2021/1/15 京ヶ峰~音羽富士


岡崎のホタルで有名な鳥川町。
良い里山もあります。
京ヶ峰から音羽富士を巡る周回ルート。
廃校になった小学生達の思いの詰まったふる里の山。
色々とドラマを思い浮かべながら周回しました。


RIMG1981
トヨトミ梨のある愛宕山登山口から入山。


RIMG1984
愛宕山のあたりで周りの山々も少し見えてきます。


RIMG1986
「京ヶ峰」
あっと言う間にタイトルの山へ来てしまった。
展開が早すぎる!
間が持たんぞ~(@_@)


RIMG1988
「見晴し場」
ここでお客様から本宮山に行きたいと希望がありましたが、何となくスルーしてしまった。
こうゆうところがダメなんだよな~。
商売下手…。


RIMG1989
こちらは音羽富士。
周回ルートですから意外に近くにあるのです。


dsBuffer
立派な木で遊びます。
誰もがあった小学校時代の事を回顧して、何となく懐かしい気持ちになります。

この間にもピーク毎に小学生が名付けた山を何座も登頂しています。
1日で沢山のピークハントが出来るお買い得な山ですね。


RIMG1998
周回ルートも後半戦。
音羽富士が真正面に見える位置まで来ました。
待ってろ、ラスボス!


RIMG1999
本日1番の急登を登り切ると音羽富士!
古坂峠から白髭八柱神社へ下りました。


RIMG2004
最後の仕上げは、ホタル学校。
見学を申し込んだら、ホタルの水槽を見せてくれて、ホタルの事を色々と教えてくれました。

ホタルの時期には凄く混むらしいです。
混まずに綺麗に見える穴場スポットも教えてもらいました。

懐かしい香りのする里山登山が楽しめました♪
ありがとうございました。


2021/1/14 雪山講習(大日ヶ岳)


雪たっぷりの奥美濃エリアへ。
大日ヶ岳の登頂と雪山技術講習の予定でしたが、講習は少しだけになってしまいました。
でも深雪で登頂を目指すには、スノーシューが有効という事は分かって頂けたと思います。
白銀の世界と鮮やかなブルースカイ。
雪と戯れる楽しさを堪能しました♪


RIMG1917
お馴染みの「高鷲スノーパーク」
ゴンドラで一気に1400mまで。
らくちんです(^o^)


RIMG1922
ゲレンデトップでスノーシューを履きます。
スノーシュートレースを辿れば、つぼ足で行けないかなと思い試してみましたが、膝まで沈みすぐに諦めて装着しました。


RIMG1930
美しい白の世界(´。`)


RIMG1939
やったね♪
晴れてきそう!(^^)!


RIMG1943
ぐんぐんと高度を稼ぎます!


RIMG1948
山頂へ登頂したが、雪が多いので大日如来様や山名盤が埋まってしまっているので、山頂を示すものが何も無い。


RIMG1947
スノーバーでの雪の切り出しも体験。


RIMG1971
さあ下山。
フカフカで気持ち良さそう♪


RIMG1976
少しだけ歩行技術の講習。

帰りも偉大なゴンドラで下りました。
お疲れ様でした。

しかし、コミュニケーションは難しい。
伝える能力がもう少し欲しい。
とにかく頑張ろう!


2021/1/12 堂山(湖南アルプス)


年始の槍ヶ岳山行がパートナーの腰痛のため、中止としました。
フェイスブックに上がる知人の山行などを羨ましく眺めていました(´。`)
行けなかったのは残念ですが仕方が無いですね。

今日は公募企画の三ツ瀬明神山の予定でしたが、雨が早く上がりそうな湖南アルプスの「堂山(どうざん)」に変更しました。
僕の中では「金勝アルプス」のほうが身近に感じますが、この湖南アルプスも低山ながら面白いと思います。


RIMG1889
高速道路建設現場を通過します。
交通整理をしていた警備員さんがすごい愛想が良かった。
笑顔はやっぱり気分が良くなります。


RIMG1891
迎不動から入山して、南西の尾根を下る周回ルート。
最初と最後に天神川の徒渉があります。


RIMG1901
「阿弥陀ヶ原」と呼ばれる広い河原へ出ました。


RIMG1903
ダイナミックな主稜線


RIMG1905
ピーク手前は岩場です(´。`)

RIMG1909
控えめな堂山の山頂標識!
標高384m。

RIMG1911
かなり眺めが良いです♪

やりますね「湖南アルプス」。
天気の良い時に再訪したいです!


2021/1/3~4 鷲ヶ岳


新年明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします!

2021年の初仕事は鷲ヶ岳へ行ってきました。
スキーと登山の融合のような山行となりました。


RIMG1840
1日目はゲレンデスキー。
明日の鷲ヶ岳登山では、最後にゲレンデをスキー滑降しますので、軽く滑っておきました。


RIMG1885
2日目はホワイトピアたかすのリフトを利用してゲレンデトップへ。
ちなみに、ここのリフトは滑走用具無しでは乗れません。

熊の看板は少し驚きますね(゚Д゚)


RIMG1884
ここから登山装備にチェンジ!
本当はこのままスキーにシールを貼って進みたいですが…


RIMG1849
期待はしていなかったけど、やはりトレースは付いておらず。
スノーシューを履いても、膝上あたりのラッセル行進。


RIMG1868
雪が着いていない時の倍ぐらいの時間を掛けて鷲ヶ岳の山頂へ登頂!


RIMG1873
山頂付近は霧に覆われていて、でも時折景色が見えるとたまらず声を挙げてしまいます。


RIMG1878
振り返ると自分達の足跡のみ。
トレース跡は助かりますが、これは雪山の醍醐味の一つでもあると思います。


RIMG1883
ゲレンデトップに戻りました。
ここから今度はスキー装備にチェンジ!

足の疲れと荷物の重さで滑りにくい(^_^;)
でもゲレンデトップまで往路はリフト、復路はスキーで随分と楽できました♪

お疲れ様でした!


2020/12/29 雪山講習(御在所岳)


雪山へスイッチを切替えないといけません。
御在所岳で雪山への装備確認も含めて、講習登山を行いました。

今年最後のガイド山行になります。
ありがとうございましたm(_ _)m


RIMG1817
籐内壁付近はまだまだ雪は少ないですね。


dsBuffer
山頂付近で主に歩き方の講習を行いました。


RIMG1825
山の重なりが幻想的です。

2020/12/23~25 九州(鶴見岳&由布岳&湧蓋山)


大分県の山に登ってきました。
大分と言えば、やはり温泉(^o^)
山も楽しみましたが、温泉もサイコーでした♪


RIMG1675
1日目(23日)
大分空港から鶴見岳ロープウェイへ移動。
ロープウェイを使い、一気に標高を上げ山上駅へ。

鶴見岳は、世界屈指の湧出量を誇る別府温泉の源であり、眼下にあるのが「別府」です。


RIMG1679
山上駅を出るとまず目に入るのは、こんもりした丘。
そう、ピークは目の前にあります!


RIMG1689
山頂付近は公園のようになっていて、七福神巡りを楽しみながら山頂を目指します。


RIMG1685
明日登る予定の由布岳や明後日登る湧蓋山も見えました♪


RIMG1715
七福神を全て見て、山頂に到着。
下山はロープウェイまで10分ぐらいで着いてしまいました…、早いっ(゚Д゚)


RIMG1718
見事な山容、由布岳です!

本日の宿までの途中に由布岳の正面登山口があります。
登るのは明日ですが、あまり天気予報が思わしくないので今日撮っておきます。


RIMG1725
右奥が由布岳。
由布岳は双耳峰なので、見る角度によって姿を変えます。


RIMG1730
湯布院の宿と温泉も素晴らしく、だいぶ癒やされました(^o^)


RIMG1733
2日目(24日)
予報通り、雨です(´。`)
正面登山口から登ります。


RIMG1736
きめ細やかで、ありがたい標識が所々にあります。


RIMG1740
上部まで来ると樹林が低くなり、由布岳の山麓にある湯布院の街が見えてきます。


RIMG1744
マタエと呼ばれる西岳と東岳の鞍部に着きました。


RIMG1750
西岳から登頂!


RIMG1752
時折、凍結箇所も出てきたので岩場はロープを使用しました。


RIMG1756
東岳も行きました。


RIMG1759
時折見える景色を楽しみながら下りていきます。
風もやや強く吹く予報でしたが、それほどでも無くて良かったです。

この後、筋湯温泉の宿へ移動。


RIMG1768
3日目(25日)
九州最終日は湧蓋山。


RIMG1779
九重森林公園スキー場近くの登山口から入山。

大量の湯気が出ている所があり、何だろうな~と思っていました。
後で分かったのですが、日本で最大の地熱発電所があるようです。
地熱発電所はあまり馴染みが無いですが、さすがは九州だなと思いました。


RIMG1788
霧氷がお出迎え。


RIMG1794
歩きやすいなだらかな登山道を辿り、山頂へ到着!
冬型が緩んでくるはずですが、まだ山頂は雲の中でした。


RIMG1800
北西面は霧氷がすごい綺麗でした♪


RIMG1805
九重山も姿を現してくれました。


RIMG1808
下山して、筋湯温泉の名物「うたせ湯」に入りました。
湯に打たれると多くの邪念や卑しさが吹っ飛びそうです(笑)


RIMG1810
帰りに多くの奇岩がある「邪馬渓」に立ち寄りました。
「妙義山」、「寒霞渓」と共に日本三大奇勝の一つらしいです。
ここはモミジが沢山あったので、紅葉の時期が良いかな!?

大分空港に戻りました。
やはり山と温泉の組み合わせは良いなと思いましたね♪
お疲れ様でした!


2020/12/19~20 重畳山&嶽ノ森山


色々とありすぎた2020年。
忘年山行として南紀の山に登りました。
寒波の影響もあり、当初予定していた山からは変更しました。
風は肌寒いものの、ゆったり日だまり山行を楽しみました♪

2020年もご愛顧ありがとうございました。
引き続き2021年も宜しくお願いしますm(_ _)m


RIMG1607
1日目(19日)
とりあえず観光。

隆起と風化と波の浸食によって生じた自然の芸術である「鬼ヶ城」
国の名勝・天然記念物でもあります。


RIMG1617
こんな景色が熊野灘に面して約1㎞続きます。


RIMG1623
こちらは少し違う場所にある「獅子岩」。
カッコイイ!!
これは実物を見たかったので嬉しい♪


RIMG1629
和歌山県に入って、重畳山(かさねやま)に登りました。


RIMG1633
背びれのような橋杭岩が見えます。
海中に約850mの列を成して大小40余りの岩柱がそそり立っています。
その規則的な並び方が橋の杭に似ていることからこの名が付けられたようです。


RIMG1635
弘法大師開基の霊山として人々の信仰も深い重畳山。
車道が山頂近くまで延びているので、短いハイキング。


RIMG1636
夕食では「アワビ」が美味しかったです。
マロンおじさんも仕事終わりで駆けつけてくれました。
急なアクシデントで4年程続けてきたチャレンジを今年は諦めないといけない事になりましたが、新たに再出発することを誓いました。


RIMG1638
2日目(20日)
温泉宿ではゆっくりできました。


RIMG1641
一枚岩トンネル横から入山。


RIMG1648
ナメトコ岩


RIMG1649
雄岳と雌岳周辺は急登&急下降の岩場あり(^^;)
ちょっとしたアクセントも良いです♪


RIMG1650
まず雄岳の頂上。


RIMG1651
眺めも良い!


RIMG1654
雌岳からは雄岳が見えます。
こちらも眺めが良い♪


RIMG1660
基部を回り込むと雌岳は凄い岩峰というのが分かります。


RIMG1664
車を停めさせてもらった「道の駅 一枚岩」。
河原でお昼ご飯を食べます。
なんか落ち着くんですよね~。

T田さん、マロンおじさんありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。


RIMG1668
帰りに温泉に入り、くじら一押しの「道の駅たいじ」でお土産を購入。
シンガーソングライター?の彦太郎がいました。

ガイドとして思い悩む日々が続きますが、山と同じように一歩一歩確実に歩いて高みを目指していきます。
ありがとうございました!


2020/12/16~17 立岩&鳳来寺山(瑠璃岩ダイレクト)


この時期としては強い寒波が入る中、豊橋の立岩で岩場講習と鳳来寺山のバリエーションルートに行ってきました。


RIMG1587
1日目(16日)
久々の立岩。
寒い中、頑張って登って頂きました。

降雪の岐阜から急遽豊橋に変更。
寒気が入ってる時に使える数少ない岩場の一つですね。
今日も三組15名ぐらい入っていましたね。


RIMG1589
懸垂下降の練習もしました。


RIMG1595
2日目(17日)
瑠璃岩ダイレクト(第一尾根)
ネットの記録ではそう呼ばれているようです。

北面になるので、斜面や岩場に雪が着いて、かなり苦戦しました(ToT)
指先を雪の斜面に突っ込みながら登ったり、もう何が何でも登らねばという感じです。


RIMG1598
このルート状況で、雪装備無しで突っ込んだのは、ガイドとしては判断ミスだったと思います。
でもサバイバル的な登山を楽しんでくれたお客様に感謝です。

お疲れ様でした!