2020/6/23~24 櫛形山&男山ダイレクト


200名山の櫛形山と奥秩父の最西端の男山に登りました!

櫛形山は、山頂に一番近い池ノ茶屋登山口から。
男山は、男山ダイレクトと呼ばれるバリエーションルートから。

何とか天気も崩れずに無事2山とも登れました!


RIMG6868
1日目(23日)
まずは櫛形山。
道の駅「富士川」から、山名の由来である櫛(くし)の形を見ようと思いましたが、雲が掛かってました(;_;)


RIMG6867
良いパネルがありました。


RIMG6870
池ノ茶屋登山口


RIMG6873
雰囲気の良い新緑の樹林帯を歩きます。
広い山頂台地は、苔むした神秘的な原生林の巨木が見事でした!


RIMG6877
三角点を通り過ぎ、10分ほど歩くと山頂!

別方向から来た登山ツアーのグループと同じタイミングになってしまいました。
広い山頂なので良かったですが、これからこれも可能であれば避けたいところ…


RIMG6880
櫛形山は「新・花の百名山」らしいです。
また冷や汗とドキドキの花の季節がやってきます(汗)


RIMG6884
2日目(24日)
未明まで雨が降っていました。
男山ダイレクトは岩稜尾根。
岩の濡れを心配しながら出発。


RIMG6888
林道歩きから小さな沢を渡って、南西稜に続く尾根を登ります。


RIMG6891
南西稜の上部に第1から第3岩峰があり、ここが男山ダイレクトルートのハイライト!


RIMG6915
第3岩峰を抜けると高度感溢れるナイフリッジ。
気分爽快♪


RIMG6921
山頂標識は何となく男性っぽい雰囲気。


RIMG6922
山頂で登ってきた尾根を眺め、達成感に浸ります♪
浸った後は一般登山道で下山します。


RIMG6924
反対方向には、天狗山。
あちらも岩山ですね~。

天狗山にも岩稜バリエーションルートがあります。
今回登った男山ダイレクトと同じSガイドが開拓・整備したルート。
Sガイドは、僕も参加させてもらっているガイド技術向上を目指す有志のグループのリーダー的存在です。
ありがとうございますm(_ _)m


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>