2017/12/25 醤油の樽


Kuniさんと八ヶ岳の醤油樽の滝へアイスクライミングに行ってきました。

またもや貸し切り状態。
平日のメリットですね(´▽`)


DSCF5203
林道脇の駐車スペースで準備。


DSCF5206
このあたりから林道を離れ、沢を詰めて行きます。


DSCF5209
一応、一の滝、二の滝という小さな滝を登らずに進める巻き道が作られています。
画像では分かり難いですが、ハシゴはやけに斜めになっています。


DSCF5215
一の滝、二の滝も凍っていたので、往路は巻かずに登りました。


DSCF5221
そして、醤油樽へ。
なるほど(@_@;)
樽状になっている中を高さ約35mの滝が流れている。


DSCF5226
樽の中を登る感じです。


DSCF5245
クラゲ状になっている部分も有りますが、傾斜は緩い部分もあります。
登りやすいラインで登ります。


DSCF5252
懸垂下降も樽へ吸い込まれていく感じです(^^♪


DSCF5263
復路は巻き道を使いました。
斜め階段も恐る恐る下りました。


DSCF5268
河原温泉「河原の湯」で温まって帰りました。
お疲れさまでしたm(_ _)m

2017/12/18~19 トレーニングwithまろん


関西のマロンおじさんとトレーニング。


DSCF5193
マロンおじさん自宅近くの岩場。


DSCF5200
リニューアルオープン!
ホテルまろん!(冗談です)


DSCF5202
今日はアックスとアイゼンを装着して登りました。


20171219172226_p
ちょっと用事があったので道頓堀へ。


20171219175051_p
怪しげなお店がありました(◎_◎;)

2017/12/15 雪訓


ラッセル訓練で千畳敷カールへ行きました。
高気圧に覆われて絶好の登山日和に…。
訓練なので、このラッキータイミングは少し複雑な心境ですが、気持ち良かったです♪


DSCF5116
神社がまだ随分と姿が見えているので、積雪はまだまだこれからですね。


DSCF5119
カール内は踏み跡を外して、ツボ足だと膝上ぐらいまでは埋まります。


DSCF5123
宝剣岳が美しい!
山頂から伸びる左の傾斜の強い尾根が中央稜かな!?
難しそうだけど登ってみたい!


DSCF5132
登りたくなったので行ってみました。
山頂から極楽平までの縦走は、朝寝坊したので時間が無く諦めました。


DSCF5135
大きな山体の御嶽山!


DSCF5141
今回は下道で駒ケ根まで往復。
国道153号線沿い「信州平谷温泉 ひまわりの湯」のイルミネーションがキレイでした♪

2017/12/14 白嵓


椿岩へクライミングへ行こうとしましたが…
夜中に降った雪がたっぷり(>_<) そのまま南下して白嵓へ行ってきました!


DSCF5109
小岐須渓谷山の家の駐車場。
来て、びっくり(◎_◎;)


DSCF5111
トイレの屋根には15㎝の積雪!
悩みましたが、南下することにしました。


DSCF5113
白嵓(しらくら)へ。
平日なのに3組入ってました。
僕達と同じように南下してきたのかな?
転戦したので、数本しか登れませんでしたが、石灰岩独特の感触を楽しみました♪
お疲れさまでした!

2017/12/10 広河原沢アイス


Kuniさんと八ヶ岳の広河原沢へアイスクライミングに行ってきました。

今シーズン初アイス。

広河原沢に入っているパーティは僕達だけ。
静かな山でアイスクライミング事始めを楽しみました♪


DSCF5049
船山十字路からスタート。


DSC00074
しばらく林道をてくてく歩きます。
林道が終わると沢沿いのトレースを辿ります。
時折、見える白化粧した阿弥陀岳が美しい。


DSCF5067
本谷本流と右俣の出会。
右股へ進みます。


DSCF5070
アイゼン無しでは越えられない箇所が出てきました。
ここからアイスの装備になります。


DSCF5081
まずは「武藤返し」。
短いですが、傾斜の一番キツイ部分を登ったのでハードな準備運動になりました(^^;)


DSCF5087
さあ、お目当てのクリスマスルンゼ大滝へやってきました。
ガイドブック等で紹介されている画像よりも小ぶりです。
これからまだ発達してくるのかな!?


DSCF5095
シーズン初めなので、一番傾斜の緩いラインで登ります。


DSCF5097
2ピッチ目は真ん中の繋がっている部分を登りました。
登攀後は懸垂下降。


DSCF5104
ワンデイなので登れる時間は短ったですが、今シーズン初アイス。
今年は沢山登りたいです!


DSCF5108
「モミって、ペチりました」
一部のアイスクライマー達の中では、定番コースとなっていたという噂です。

お疲れさまでしたm(_ _)m

2017/11/19~24 九州宮崎クライミングツアー


夏の仕事がひと段落するこの時期、岩登りに没頭できる環境を求め宮崎へ。
素晴らしいマルチルートの数々。
登ってみたいルートが多すぎて6日間ではとても足りません。


DSCF4770
1日目(19日)
ちょっとプチゴージャスにANAでセントレアから宮崎空港(宮崎ブーゲンビリア空港)へ。


DSCF4773
宮崎空港で今回のパートナー、マロンおじさんと合流します。


DSCF4774
南国っぽい雰囲気♪


DSCF4775
移動手段はレンタカー。
トヨタ「CH-R」
ちょっと~、カッコイイじゃないですか!(^^)!
でも一番お値打ちなクラスで頼んだのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。


DSCF4777
九州初上陸なので気合が入ります。
まずは腹ごしらえ。


DSCF4778
宮崎の都市部を抜けて約2時間。


DSCF4779
やってきました、比叡山!

ちょっと探索に行ってきま~す。


DSCF4781
登山道もあります。
案内板も親切。


DSCF4782
「千畳敷」と呼ばれる展望所があります。


DSCF4783
展望所から比叡山方面を見上げるとニードルと呼ばれる岩頭が目の前にあります。


DSCF4785
「ニードル左岩稜」の取付きに意外にすんなりついたので1ピッチのみ登ってみることに。


DSCF4787
1ピッチだけ登り、懸垂下降しました。
明日からのマルチが楽しみ(´▽`)


DSCF4802
「菅原公民館」
菅原は「すげばる」と読むようです。
今回のベースとなります。
殆どの日程で、この公民館でお世話になります。
比叡山の駐車場まで2km、車で5分ぐらい。

登れる環境が整いました!


DSCF4807
広い多目的スペースに本格的な調理場もあります。
暖房もあり、これだけ充実した内容を、1泊1,000円/人で利用できます。
ありがたいことですm(_ _)m


DSCF4810
DVDデッキもあり、クライミングDVDも置いてあります。
某有名クライマーもここに泊まっていたらしいですよ♪
サインも飾ってありました。


DSCF4811
2日目(20日)
今日は昨日下見をした「ニードル左岩稜」へ。


DSCF4827
天気予報からかなり寒くなる事が予想されたが、想像以上に寒かった(@_@;)
3ピッチを終了した時点で、2ピッチを残して寒さ敗退!
打ちひしがれてベースに戻りました。


DSCF4831
冷えた体を温めに、ベースから車で30分程走って「日之影温泉駅」へ。
この施設はかなり面白い♪

全線廃止となった旧高千穂鉄道の車両を簡易宿泊施設として運用しています。
この列車は宿なんですよ~( ゚Д゚)


DSCF4837
温泉からベースへ帰ると、地域の方々がお祭りの練習をしていました。
この地方のお祭り「神楽祭り」。
今日が練習の初日だったので、沢山の方々が公民館へ来ていました。

伝統的なお祭りの練習を間近で見させて頂き、貴重な体験が出来ました。
食事会に参加させて頂き、美味しい料理とお酒、そして地域の方々との交流がとても楽しかったです♪


DSCF4838
3日目(21日)
昨日、お酒を少し飲み過ぎたのか2人とも寝坊。


DSCF4841
10時過ぎに岩に取付くという有様でした…。
それでもアプローチの便利さでマルチピッチルートを楽しめる比叡山の懐の深さ。

今日のルートは、
比叡山1峰「第一スラブルート・ノーマル」


DSCF4847
ルート名にスラブとありますが、フェイスやクラック、リッジ等、色々と変化に富んでいます。


DSCF4852
広いテラスも多く、こんな天気の良い日は谷を挟んで向かい側の矢筈岳を眺めます。
上手く表現できない気持ち良さがあります♪


DSCF4868
マロンおじさん、ガンバ!!


DSCF4871
比叡山の1峰ピーク。
頂上に抜けられるのはやっぱり良いですね(´▽`)
充実感あります。


DSCF4873
一般登山道で下山。
正面の岩山の左端に近いところを登りました。

その後、温泉に行き宿に戻ると、少人数でお祭りの練習をしていました。
練習後に食事会にまた呼んでいただきました。
楽しい会食となりましたよ♪


DSCF4875
4日目(22日)
今日は朝から弱雨(T_T)
レスト日となりました。

マロンおじさんの寝袋が抜け殻みたいになっています(笑)


DSCF4886
登りたいルートの下見に行きました。

マロンおじさん、カチコチに固まっています。


DSCF4888
観光地として有名な「高千穂」
買い出ししたドラッグストアの横に「高千穂神社」があります。


DSCF4889
今日の夕食の買い出し。
スーパーとドラッグストアのハイブリッド。


DSCF4890
昨日の会食で残った鍋物に具を追加しています。
本当に助かっています。
めちゃくちゃ親切な方ばかりです。


DSCF4894
5日目(23日)
今日は少し離れたエリアへ。
「雌鉾岳」

ベースである菅原公民館から車で40分ぐらいで駐車場。


DSCF4899
雌鉾岳の登山道を30分ほど歩くと案内板が出てきました。


DSCF4900
そこからすぐに取付き。


DSCF4917
登っている途中も見晴らしが良く快適。
風が強く寒いですが、日当たりが良いのです。

ルート名「大長征ルート」
ルートは長いトラバースが特徴のルートなので、リードとフォロー、どちらも緊張します(・・;)


DSCF4950
上部は傾斜が少し強くなってきます。


DSCF4974
最後は「二の坊」に上がります。


DSCF4979
雌鉾岳山頂!
12~13ピッチの長いマルチを楽しみましたよ♪


DSCF4985
下山は登山道。
水が凄くキレイ。


DSCF4993
凄いんです…。このスラブの大きさ…


DSCF4999
今日の宿泊は延岡市のビジネスホテル。


DSCF5001
6日目(24日)
今日はツアー最終日。
ホテルで朝食を食べてから比叡山へ向かいます。


DSCF5004
比叡山1峰「サマーホリデー’83」を1ピッチだけ登りました。


DSCF5016
高度感が凄い(@_@;)


DSCF5026
案内板のクライミングの紹介。
時代を感じます。


DSCF5035
比叡山から高速道路で宮崎空港へ。
大阪行きは遅れているようです。


DSCF5036
プロペラ機でセントレアへ。
ANA乗務員の心地良いサービスに癒されました。

九州宮崎クライミングツアーは最高に楽しかったです♪
また来訪したいです!

2017/10/26~27 鳶岩と妙義山


友人と信州方面の岩場と妙義山に行ってきました。

1日目 鳶岩(とんびいわ)でクライミング。坊抱岩(ぼこだきいわ)からの転進。
2日目 星穴岳へ行きました。

2日間とも晴れの日で絶好のクライミングと登山日和になりました。
ここのところ雨ばかりなので良かったです♪


DSCF4412
1日目(26日)
長野県の岩場「坊抱岩」へ向かうも…
アプローチの林道が通行止め!オーマイガッ(◎_◎;)
せっかくここまで来たのに…


DSCF4413
親切な地元の方から聞いた話だと、数日前の台風21号の影響との事。

北信五岳が綺麗に見えます。
同じように坊抱岩のクライミングルート終了点からも、かなり眺めが良いらしいので残念です。


DSCF4416
という事で同じく長野県の岩場「鳶岩(とんびいわ)」へ転進。
大室古墳のすぐ近くにあります。


DSCF4418
コンパクトな岩場です。
偶然にも知り合いが登っていました。
取付き易いルートを教えてもらいました。


DSCF4427
時間が無かったので、1本のルートに集中しました。
壁に取付いている人が見えます。
こうして遠くから見ると結構な高さですね(^^;)


DSCF4425
帰りに大室古墳の一つを見ました。
このような小さな古墳が沢山あります。


DSCF4428
道中のコンビニで思わず買ってしまいました。


DSCF4432
妙義の「ひしや旅館」にやってきました。
豪華食事に大満足です♪
一品ずつ出てくるので全部一緒に取れません。


DSCF4434
2日目(27日)
すがすがしい朝。
妙義公園の駐車場から金洞山方面。
紅葉はまだまだこれからですね。


DSCF4442
上のほうは少し色づいていました。
目指す星穴岳への稜線。
妙義山塊の独特な風景が目を引きます。


DSCF4444
平らな台状の荒船山。
その背後に八ヶ岳連峰。


DSCF4441
浅間山も綺麗に雪が被りましたね。


DSCF4446
細かなアップダウンや際どいトラバースを通過して星穴岳山頂へ。

落葉が多く、このところの雨の多さで濡れていて、とても気を使いました。


DSCF4453
空中懸垂も楽しい♪


DSCF4458
45mの懸垂下降。
この時の為に重いですが、50mロープを2本持っていきます(^^;)


DSCF4461
無事帰ってこれた安堵感に包まれると同時に中ノ岳神社の大黒様が何故か面白い。

お疲れ様でした。
楽しかったです♪
ありがとうございましたm(_ _)m

2017/9/22~25 マロン&栗!?


マロンおじさんと有志にて、西穂高岳から奥穂高岳間の縦走をしてきました。

プチアクシデント等はありましたが、楽しい縦走になりました♪


DSCF4139
1日目(22日)
またもや深山荘近くの登山者用駐車場が満車状態(゚Д゚;)
鍋平の駐車場に車を停めました。

マロン、錫杖岳見て何思う…(詩的な表現)


DSCF4151
西穂山荘は大混雑かなと思いきや…
そうでもなかった。
1人に一枚布団がありました。

全く害は無かったのですが、同室の人がかなりのハイテンション。
人当たりの良いマロンおじさんは餌食になってました(^^;)


DSCF4153
2日目(23日)
早朝は小雨が降っていました。
雨が止むまで少し様子を見てから出発。


DSCF4156
ピラミッドピーク!
よく見ると、稜線細っ(◎_◎;)


DSCF4159
西穂山頂へ。
さて、この縦走はこれからが大変(^^;)


DSCF4169
おお、ジャンダルム!!
そこから延びる飛騨尾根も美しい!


DSCF4190
奥穂の山頂に着きました!

マロンおじさんが先行者の落石を受けていたが分かりました。
先行者は携帯で電話しながら登っていたようです。
酷いものです…
この現状に色々と言いたい事はありますが、ここでは触れません。


DSCF4192
山頂付近からのジャンの姿は、やっぱり怪峰と呼ぶに相応しい山容ですね!


DSCF4191
写真右の白いジャケットの方、よ~く分かりますよ。
ずっと山を眺めていたいですもんね~♪

この後、穂高岳山荘に下りる手前のハシゴ場で渋滞(~_~)


DSCF4196
3日目(24日)
早朝から奥穂に向かう人の列が絶えません。

予想通り、山荘は凄い人でした( ゚Д゚)
1つの布団に2人状態。

マロンおじさんは隣のおじさんと密着していたようです。
ガンダムのモビルスーツのような、「プシュー!、プシュー!」という寝息にも悩まされたとか…
山小屋あるあるですな。


DSCF4198
穂高岳山荘は今年はこれで見納めかな!?


DSCF4200
白出沢を下ります。


DSCF4201
一気に下りてきました。

ジャンダルムに続く尾根が遠くに見えます。
あのてっぺんに立っていた事を思うと感慨深いですね(´ω`)

DSCF4205
新穂高ロープウェイまで戻りました。

しらかば平では、何かの音楽イベント中でした。
山頂で作曲や演奏を行う山頂音楽家だそうです。


DSCF4207
今晩は平湯の温泉街にある「ホテルひらゆの森」に泊まりました。
日帰り入浴でよく立ち寄る「ひらゆの森」の別館になります。
実は平湯に泊まるのは、初なので楽しみです。


DSCF4210
夕食は「お食事処あんきや」で飛騨牛の鉄板焼き。
美味しかったです♪
ひらゆの森グループのお店なので送迎してもらえました。


DSCF4211
部屋はメチャクチャ広い(@_@)


DSCF4213
4日目(25日)
朝食が付いています。
2階のレストラン「岳」
パンが美味しいので、食べ過ぎ注意(^_-)


DSCF4214
秋晴れの少しひんやりとした気持ちの良い朝(´▽`)
今日はクライミングへ行きます。


DSCF4217
瑞浪の屏風岩へ移動中。


DSCF4223
暑い中、岩と戯れます♪


DSCF4225
マロン&栗!?

栗が沢山落ちていました。
暑いですが、季節が進んでいるのを感じますね。

お疲れ様でした。
ありがとうございましたm(_ _)m

2017/9/1~3 マロントリップ


今回はトレーニング山行で、「前穂高北尾根」と「ジャンダルム飛騨尾根」へ2泊3日で行ってきました。
メンバーは僕とマロンおじさんとMaさんの3人です。
台風の影響で大荒れになる予報でしたが、マロンおじさんの神通力で進路が変わって晴天になりました。


DSCF3546
1日目(1日)
初日は涸沢小屋までの移動日。
登山届を真剣に書いているようですが、実は隣の山ガールが気になる(´ρ`)


DSCF3549
夏休みは終わって、上高地も少し落ち着いたかな!?


DSCF3569
長いアプローチ(-_-;)
やっと涸沢に到着。
まずはカッコ良いジョッキで生ビール!


DSCF3573
おつまみ製造byマロンおじさん


DSCF3577
2日目(2日)
さあ、有名かつ人気の前穂高岳北尾根にレッツゴー!


DSCF3589
晴天で無風、絶好の登山日和に北尾根を満喫♪


DSCF3608
ガスの感じもGood!


DSCF3632
北尾根登攀を終え、吊り尾根から奥穂高岳。
そして穂高岳山荘へ到着。
西側の素晴らしい夕景に皆うっとり( ◠‿◠ )


DSCF3637
これも素晴らしい!
薄雲が透けて、水面に浮かぶ常念岳。
何とも言えない幻想的な光景です。


DSCF3641
3日目(3日)
大賑わいだった穂高岳山荘。
驚く出来事がありました…( ゚Д゚)

これからジャンダルム飛騨尾根へ向かいます。


DSCF3642
日の出待ちの人達を横目に出発。


DSCF3651
ジャーン!


DSCF3660
良いお天気のジャンダルム飛騨尾根は快適な登攀となりました。


DSCF3666
この懸垂下降は少し緊張しましたが、良い絵が撮れましたね♪


DSCF3679
ジャンダルムの天使に会えました♪


DSCF3682
天狗のコルからガレガレの天狗沢を下りて岳沢へ。


DSCF3687
上高地が優しく迎えてくれました。

お疲れさまでした!!


2017/8/1~3 剱岳


剱岳を見てきました。

この山行では山に対する準備について考えさせられました。
身体面と精神面。
この両方を揃っていなくては厳しい山は難しい。

独り言になり、申し訳ありません。
大反省ですね。


DSCF3159
この山容を目の当たりにすると、緊張します…


DSCF3164
さすがにここまで来るとあまり人がいなくなります。