2016/7/23~24 南アルプス 鳳凰三山

今回は南アルプスの鳳凰三山に登ってきましたよ。

23日は夜叉神の森から入山して、南御室小屋に宿泊。
24日は鳳凰三山(薬師岳、観音岳、地蔵岳)を縦走して広河原へ下山。

雨に降られず白砂のパラダイスを満喫しました♪
南アルプスの固有種である「タカネビランジ」も沢山見えましたよ!

お疲れ様でした!


DSCF6255
23日(1日目)
夜叉神峠登山口を出発。
カラマツ林の多い登山道をジグザグに登っていきます。


DSCF6261
夜叉神峠に到着。
峠からすぐの所に「夜叉神峠小屋」が有ります。
小屋前の平坦地で小休止。
白峰三山の展望が良いそうですが、ガスで真っ白(>_<)
DSCF6263
「杖立峠」
本日の行程の降り返し点。
ここまでもここからも樹林帯の登りが続きます。


DSCF6277
南御室小屋に到着。
やっぱり土日だけあって混雑していましたが、布団は1人1セットでした。


DSCF6279
夕食までまだ時間があるので、「明日晴れろ~」と空に念を送りますm(__)m


DSCF6280
夕食はビーフシチュー。
美味しかったですよ♪
ごはんのおかわり3杯頂きました。


DSCF6281
夕食後、小屋の周りを散策すると「ヤマオダマキ」が咲いていましたよ。


DSCF6289
24日(2日目)
暗いうちに小屋を出発。
樹間越しに日の出が見えます。


DSCF6294
森林限界を超えると白砂の世界が広がります。


DSCF6295
おおっ、「タカネビランジ」


DSCF6308
雲海も綺麗です!


DSCF6312
薬師岳小屋に到着。
こじんまりとした小屋です。
この夏から改築工事に入るようですね。


DSCF6319
まず薬師岳ゲッツ!
薬師岳から観音岳へ続く縦走路はとても歩き易い♪

まさに絶景の稜線漫歩が楽しめます♪


DSCF6321
雲海に浮かぶ島みたいですね~(*´▽`*)
稜線からは八ヶ岳も見えます。


DSCF6326
富士山も上の部分だけ見えていましたよ♪


DSCF6332
続いて鳳凰岳の最高峰「観音岳」でのワンショット!
笑顔が最高!


DSCF6371
地蔵岳への分岐点となるアカヌケ沢の頭まで来て、ザックをデポしてオベリスクへ向かいます。

凄いですね(@_@;)
岩の割れ目からタカネビランジ!


DSCF6375
賽の河原からのオベリスク!

鳳凰三山の象徴とも言える岩頭!
迫力が有りますね~!(^^)!


DSCF6376
真っ白な砂浜ですね(´▽`)


DSCF6382
鳳凰三山を通り過ぎると少し地味な「高峰」のピーク。
ちょうど主稜線の縦走を終える頃にガスが濃くなってきました。

ここからの白鵬峠への急な下りは少し大変(>_<)


DSCF6388
白鵬峠から下るとゴーロ帯を通過します。


DSCF6390
後半になると急斜面になります。
ジグザグに下ったり、ハシゴを降りたり…

コース後半でこの急下りは慎重になります。


DSCF6391
最終バスのタイムリミットが迫る中、やっと林道に出ました。

お疲れ様でした!


DSCF6392
広河原には沢山の登山者がバスを待っていました。
殆どが北岳からの帰りだと思います。

マイカー規制の南アルプス林道をバスは凄い勢いでぶっ飛ばします。
お尻が何度も宙に浮きました( ゚Д゚)


DSCF6396
夜叉神の森へ帰ってきました。
お疲れ様でした!

鳳凰三山はいつ来ても素晴らしい景色に出会えますが、
この稜線は紅葉の季節にはダケカンバやナナカマドの錦繍に彩られます。
その頃にもまた来たいですね♪

2016/7/23~24 南アルプス 鳳凰三山」への2件のフィードバック

  1. 福岡さんのサポートがあったればこその行程完歩、充実した2日間でした。2日目、まずは砂払に岩の隙間から朝日を浴びたタカネピランジが出迎えてくれました。薬師岳山頂では雲海に浮かぶ富士山と堂々とした白根三山、そして遠くに八ヶ岳が、まさにパノラマの絶景でした。薬師岳から観音岳、地蔵岳への白砂山歩は、この絶景を見ながらの至福の時でした。地蔵岳に近づくにつれてオベリスクがだんだん大きくなるその光景はいまでもくっきり心に残っています。澄んだ青空と真白の砂の境界、まさに賽の河原、小さい自分が今ここに生きているんだと実感するそんな時間をもらいました。高嶺からの下山はつらいものになりましたが、何とか広河原に下山できてほっとしました。感謝するばかりです。また、ご一緒できる日を、よろしくお願いします。

    • 杉浦様
      コメントありがとうございます。
      鳳凰三山は大変お疲れ様でした(^^ゞ
      高嶺からの下りは気力で乗り切りましたね!
      またご一緒出来る日を楽しみにしております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>