2018/11/6~10 宮崎クライミングツアー2018


今年も行ってきました!
宮崎の比叡山。

昨年、初めて訪れて比叡山の魅力に触れ、宮崎比叡山でのクライミングは、年間の恒例行事の一つになりそうです。

素晴らしいマルチルートの数々♪
やっぱり楽しかった(^_^)v


DSCF2420
1日目(6日)
雨の降る名古屋を抜けだします。
セントレアから熊本空港へ。


DSCF2422
熊本空港でマロンおじさんと合流します。
レンタカーは「エクリプスクロス」。
色々な車に乗れて、それも楽しい♪


DSCF2428
今回は熊本から宮崎へ移動。
阿蘇山の眺めが良い場所を通っていきます(*´▽`*)


DSCF2431
途中で、天孫降臨の地として有名な「高千穂」に立ち寄り、高千穂神社近くのお好み焼き屋で昼食。


DSCF2434
今回もベースとして、宮崎県延岡市の「菅原(すげばる)公民館」を利用させて頂きました。
岩場まで車で5~10分程なので本当に助かります。


DSCF2436
今日は移動日で初日ですが、少し岩を触っておきたい。
ニードルと呼ばれる岩頭にある岩場で少しだけ登りました。


DSCF2449
2日目(7日)
去年、途中敗退した「ニードル左岩稜」を登ります。


DSCF2453
1ピッチ目は「Wフレーク」ラインを選択。
粘りましたが、Wフレークは登れずにオリジナルラインから登りました


DSCF2463
徐々にニードルの先端が近づきます。


DSCF2481
高度感はものすごいです(゚д゚)!


DSCF2484
ニードルの先端!!


DSCF2488
まだルートとしては続きます。
一旦、鞍部に懸垂下降して、比叡山1峰Aピークに向けて登ります。


DSCF2507
マロンおじさんの後ろに、先程までいたニードルの先端が見えます。


DSCF2522
ルート終了後は懸垂下降で戻ります。
日が落ち始めると暗くなるのは早いですね。
最終の懸垂ピッチでは暗くなっていました。

何とか登れましたが、実力に見合っていないルートでしたね(T_T)


DSCF2523
夕食は日之影町にある定食屋さんの「くりの木」。
この店のオススメの唐揚げ丼が美味しかったです♪


DSCF2526
3日目(8日)
今日は、南壁のマルチピッチルートの「TAカンテ」を登りました。


DSCF2533
これから仕事をする男の背中になっていますが、ちょっと昨日の疲れが滲み出るのは隠せません。


DSCF2534
南壁はスッキリしています。


DSCF2553
ルート後半はリッジ状。
このルートはピッチ最高グレードが「Ⅳ級+」なので僕達のレベルでも楽しめます♪


DSCF2561
下部に登ってる人がいないので、懸垂下降で戻ります。


DSCF2566
4ピッチの懸垂下降で取付きへ。
楽しいルートでした♪


DSCF2569
日之影温泉に入り、食堂で本日のサービスメニューの「豚キムチ丼の大盛り」。
確か600円台でした!(^^)!


DSCF2573
4日目(9日)
マロンおじさんの足先に謎の腫れがあり、午前中は高千穂町の病院へ行きました。
結局、よくわからなかったのですが、マロンおじさんは大事を取ってお休みです。
ショートルートのビレイだけしてもらいました。


DSCF2578
比叡山2峰の下部岩壁。
ここにはショートルートが有ります。
あまり登られてなさそうで、ホールドを掃除しながら登りました。


DSCF2587
こんな所もあります。
道路からすぐにルート。
絶対に落ちられないです(汗)


DSCF2594
公民館での生活。
広い館内で宿泊が重なる場合もあるようですが、今回は僕達2人だけでした。


DSCF2596
テレビでやってた痩せる体操を真似しています。


DSCF2597
寝具は持ち込みになります。
マロンおじさんはシュラフを忘れ、ツェルトを掛け布団代わりにしています。


DSCF2598
5日目(10日)
最終日となりました。
朝食はいつもこんな感じですが、今日はハムの枚数がいつもより多いです。
栄養さえ取れていれば、食にあまりこだわらないタイプなので、僕はこれで十分です。

「栄養も取れていないだろ!」「食器に移せよ!」と色々と突込みが入りそうですが…


DSCF2600
昼頃には公民館を出ないといけないので、Wフレークのムーブを探るだけにしました。

比叡山1峰の全景です。
一番左端にちょこんと飛び出ている所が「ニードル」です。


DSCF2607
隣の「矢筈岳」。
こちらも素晴らしい岩峰です。


DSCF2619
僕達が昨日登った南壁のTAカンテルートを登っているパーティがいました。
肉眼ではかろうじて見えましたが、写真では全く分かりませんね(^-^;


DSCF2609
珍しく2人で記念撮影。

登れないクライマーですが、それを許容して楽しむ事が出来る比叡山の素晴らしさ。
こうやって公民館をクライマーに開放してくれる地元の方達の理解。
そしてルート開拓をしてくれた地元クライマー達への感謝。

離れる間際になると、色々な思いが頭を巡り、感慨深くなります。


DSCF2623
さよならくまモン。
マロンおじさんは一足先に伊丹空港へ帰っていきました。
マロンおじさんありがとうございました。


DSCF2627
僕はセントレアに戻り、今回のクライミングトリップは終了です。
純粋にただ楽しくて、クライミングと出会って本当に良かったと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>