2018/3/17~18 車山&蓼科山


1泊2日で車山と蓼科山へ。

1日目は車山へ。車山(1925m)は霧ヶ峰の最高峰。
2日目は蓼科山へ。八ヶ岳北端の独立峰。
共に日本百名山です。

雪は少なかったですが、天気に恵まれ気持ち良かったです♪


DSCF8268
1日目(17日)
白樺湖は凍っている部分がありました。
寒さが続くときには全面結氷かな!?

白樺湖畔のコンビニが無くなっていたのは残念!


DSCF8272
ビーナスラインの富士見台で富士山が見えました。
夏はガスで見えない場合が多いので嬉しい(^_^)v


DSCF8276
車山肩からスタートです。
雪が無いですね…


DSCF8284
標高差130mぐらいなので、すぐに山頂へ着きます。

風も無く、ポカポカ陽気なので山頂でランチタイム♪


DSCF8286
画像中央に明日登る蓼科山。

綺麗な山容で「諏訪富士」とも呼ばれています。

また別名で「女の神山」とも言われるようです。
女神が住んでいる山という言い伝えがあるようです。


DSCF8287
車山乗越から周回して帰ります。

北斜面は雪が硬くなっていたので、アイゼンを装着。
こうゆう事の繰り返しで、アイゼンを着けるかどうかという判断基準を作っていきます。


DSCF8292
白樺湖畔の「すずらんの湯」へ立ち寄りました。


DSCF8297
今日の宿「ログの宿 ウォールデン」


DSCF8293
夕食は鍋で、夜の宴となりました。
2食付きで6,000円台は安いと思います(*´▽`*)


DSCF8295
内部もお洒落な感じです。
オーナー夫婦は偶然にも名古屋出身という事でした。


DSCF8296
2日目(18日)
モーニング娘!?


DSCF8298
すずらん峠にある登山者用駐車場からスタート。

8時少し前ぐらいに着きましたが、皆さん早いですね。
既に満車に近い状態になっていました。(^^;)


DSCF8305
頂上近くまで南西尾根の樹林帯の急登が続きます。


DSCF8309
もう少しで山頂ですyo!
ガンバ―!!


DSCF8313
急登を抜けると大岩ゴロゴロのトラバース。


DSCF8317
やったー、山頂に到着!
若干、風が強いので、早々に写真を撮りましょう!


DSCF8319
風の通り所で休憩します。


DSCF8321
独立峰である蓼科山。
山頂は溶岩ドームとなっていて、360度の展望は超抜群!!
とりあえず北アルプス方面だけ載せておきます。


DSCF8324
お鉢めぐりで360度の展望を楽しんだ後、往路を下山します。


DSCF8328
下山後は「小斉の湯」で入浴しました。

見た目は少し古いですが、色々な露天風呂が有ります。


DSCF8327
駐車場の前に融け掛けの人工氷瀑。
ここでも作っていたのか!?

お疲れさまでしたm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>