2018/2/5~6 中山尾根


Kuniさんと赤岳西面の中山尾根を登りました!
厳しい寒波で、寒さに凍えましたが、何とか登頂出来ました!(^^)!


1
1日目(5日)
久々のアイスキャンディ!


2
ベース設営!
2人でエアライズ3なので広々使えます。


3
夕食は赤岳鉱泉で頂きました。
相変わらず美味しいです♪


S__1015817
2日目(6日)
雪が多いですね。
目指す赤岳の主稜線が見えます。

下部岩壁までは樹林帯。
トレースがあるのは、ありがたいです。


DSCF7048
恐らくマイナス20度ぐらい。
赤岳鉱泉でマイナス15~6度だったので…

上部に行けば行くほど風が出てきます。
寒さで指先が痛いですが、Kuniさん頑張っています!


DSCF7052
凄い高度感!のはずなのですが…
あまりその雰囲気が出ていないですね(~_~)


DSCF7064
これはどうだっ!!


S__1015820
一般登山道に合流しました。
登攀具を整理して下山です。


DSCF7069
Kuniさん、日ノ岳をバックに記念撮影!

あまりの寒さにDASパーカーを着ての登攀になりました。


S__1015826
左から硫黄岳、大同心、小同心、それに続く横岳の稜線にウットリ❤


S__1015833
さらに、赤岳、中岳、阿弥陀岳。
素晴らしいですね♪♪♪

状況が悪化すれば、そこに存在し続ける事も大変な所ですが、
この感覚は登ってみないと分からない、説明のしようがないです。

Kuniさん、写真ありがとうございました。

2018/2/1~4 ファーストエイド講習会


ファーストエイド講習を受講のため、4日間長野県小谷村へ行ってきました。
僕が受けたのは「WMAJ」という団体が行っている野外救急法のコースです。
みっちりと勉強尽くしの日々でした(^_^;)


DSCF6043
頭の細胞フル回転のマロンおじさん。
(僕もですが…)


DSCF6045
雨飾山がきれいに見えました!

救急法は使わないのが理想ですが、そうはいかない山の世界。
危急時に備えて定期的に受けております。
使わない事はどうしても忘れますからね(~o~)

2018/1/31 権現山(岐阜・各務ヶ原)


今日は岐阜市の権現山(317m)と各務ヶ原市の権現山(317m)を御案内しました!

権現山は日本各地にあります。
徳川家康の「東照大権現」から来ているという説をお客様から教えてもらいました(・・;)
ありがとうございますm(_ _)m

岩登り要素もあり、展望も優れるこの2つの山の縦走はお勧め度が高いです♪


DSCF7115
リフレ芥見付近からスタート。


DSCF7116
少し車道脇を歩きます。


DSCF7119
権現槍と呼ばれる場所もあり、難しい場所は巻いたりしてレベルに応じて、岩場を存分に楽しめます♪


DSCF7120
高度を上げると、伊吹山や鈴鹿山脈もよく見えます。


DSCF7121
岩尾根を楽しんだら山頂へ。
岐阜市の権現山は「芥見権現山」とも呼ばれています。


DSCF7123
一旦、激下り人となってもらい、車道の走る峠へ下ります。
そこから今度は激登り人となり、北山へ。
北山からすぐに各務ヶ原権現山へ。


DSCF7124
名古屋方面の眺めが抜群です!

天気が良ければ、御嶽山も大きく迫力のある姿を見せてくれますが、今日は残念ながら見えませんでした(~_~)


DSCF7129
北山から諏訪山方面に向かう道中では、先ほど登ったゴンゲンザイデンが見えます。


DSCF7131
尾根からクリーンセンターへ下りる登山道は急な下り。
雪も少し残っているので慎重に下りました。


DSCF7132
今回登った岩尾根は右側ですが、左側の岩稜尾根も面白そうですね♪


DSCF7133
美人の湯で女性は美人になり、男性は「おネエ」になって帰りましたとさ(^_-)

参加された皆様、お疲れさまでしたm(_ _)m

2018/1/30 御在所岳アイス


今回もほ~さんと御在所ですが、前尾根ではなく「1ルンゼ中又」
登れませんでした…
御在所連敗記録更新中(T_T)

「中又」は御在所のアイスクライミングの中でも登れるタイミングが限られます。
前回、遠目から見たら登れるぐらい発達してるかなと思い、行ってみましたが…


20180130131341_p
1ピッチ目からベルグラ(岩に張り付く肉厚の薄い氷)。
もう少し厚ければプロテクションが取れるが…

諦めます(~_~;)
僕たちにはロシアンルーレット的な事は出来ません。

2018/1/29 伊木山


今回はKuniさんとMasaさんと久々に伊木山で岩トレ!
途中であられが降ってきましたが、何とか練習出来ました♪


DSCF7080
今朝降った小雪で岩が若干濡れていました。


DSCF7092
カッコイイですね!


DSCF7108
キューピー岩の頭から、国宝の犬山城がよく見えますね
寒い中、岩トレお疲れさまでしたm(_ _)m

2018/1/28 宝剣岳サギダル稜


今回はマサさんとサギダル稜へトレーニングへ。
宝剣岳への縦走もしたかったのですが、午後から急速に天気が崩れてくる予報だったので極楽平から下山しました。


DSCF5839
ここは「しらび平」ですね!?
当然ですが、夏の景色とは全然違いますね。


DSCF5843
南アルプスは一応見えました。
南アルプス側に喧嘩してる人達がいるように見えますね(◎_◎;)
もちろん全然違います(笑)


DSCF5844
ホテル千畳敷を出たら神社があります。
その後ろから伸びる尾根がサギダル稜です。


DSCF5845
さすがは日曜日です。
小さくて見づらいですが、木曽駒ヶ岳登山の人達ですかね!?
行列が出来ています。


DSCF5846
では、我々も行きますかね!


DSCF5847
先行パーティの岩場通過を待ちます。


DSCF5851
かなり風が強くなってきました(・・;)

サギダルの頭に出ると暴風でした( ゚Д゚)
突風が吹くと、身体が持っていかれそうになるので、身を低くして耐えます。
突風が止んだら、また動き出します。その繰り返しで極楽平まで。


DSCF5853
極楽平からの下りはあっという間に下りてきました。
いつの間にか真っ白です。


DSCF5852
新しくなった風除室!?
広くなってアイゼンの脱着も出来て使い勝手が凄く良くなりました。


DSCF5858
新しいカフェのコーヒー。
寒い中の行動でしたので温かいコーヒーは格別でした♪
マサさん、ご馳走様ですm(_ _)m


DSCF5860
帰りは通勤ラッシュのような超満員でした。


DSCF5862
帰りには雪が降っていました。
いつも短いと思う冬シーズンですが、存分に楽しみたいですね♪

2018/1/26 御在所岳前尾根Ⅱ


冬季御在所岳前尾根

またも敗退(T_T)
今度は寒波であっさりとはじき返されました。
難しい…


20180126133708_p
どか雪です。
アプローチはラッセルで前回よりも随分早く出ましたが、取付きに着いたのは前回よりも遅くなりました。
雪の量がかなり多いですね(◎_◎;)

前尾根をP7から取付いて、P7で終わりました。
ホールド表面が凍っていて、全く歯が立たず敗退!!


20180126133610_p
悔しまぎれにテストストーンを登るほ~さん。
雪の量が多すぎて、ただの雪の塊ですね。

まだまだ修行は続きますね(^▽^;)

2018/1/22 御在所岳前尾根


僕とほ~さんの去年からの課題である冬期の前尾根へ行きました。

諸事情から登攀開始が昼過ぎになってしまいました。
P4で時間切れ敗退(T_T)

でも良い経験が出来ました。
またリベンジします!


012101_p
アプローチ段階では、ドライな状態だった前尾根もあっと言う間に雪化粧。
去年同様のホールドを隠してしまうだけの雪で、
コンディションはあまり良くありません(◎_◎;)

「でもそれがアルパインでしょ」はい、ごもっともです。


012202p
雪を掘り起こして、ホールド探しに時間が掛かります。
P4までで3時間ぐらい掛かってしまいました。
なおも降り続く湿雪で、かなり濡れています。
風が無いだけマシですが…


012203p
P4の前半2ピッチは僕がリード。


01204
日没の時間が迫ってきたこともあり、P4の最後のピッチは、ほ~さんにお願いしました。
登っている途中で準備していたヘッドランプを点けての登攀となりました。
それでも、ほ~さんは時折嬉しさの雄叫びを上げるハイテンション状態(@_@;)

P4上部で四日市の夜景を見たのは初めてです。


012205
P3はどうしようか迷いましたがやめました。

P3を抜けて、P2を巻いて裏道の一般道に出るのが理想的でしたが、その選択肢は無くなりました。
そこでP4を懸垂下降した後に、夜間でしかも新雪で覆われた急斜面の巻き道を下降。
北谷への高度差を知っているだけに、結構怖かったです(~_~)

こうゆう時には御在所をよく知っているほ~さんが頼りになります。


012206
無事、下山して一刻堂でラーメンを食べました。
そういえば昨日もラーメンだったかな!?

2018/1/21 雪山♪御在所岳!


今日は御在所岳!

中道から頂上へ行き、裏道で下山。

ばっちりの「雪山」のはずでしたが、
17日の雨で随分と雪解けしてしまったようです(~_~)

でも上部は雪が豊富に残っていたので、しっかりと雪山を楽しめました♪


DSCF5811
中道登山道近くの駐車場
沢山空いていました。
日曜日のこの時間に、この駐車場に車を置けるのは、冬の時期だけでしょうね。


DSCF5812
良い天気(^_^)v
御在所名物の白い鉄塔もはっきり見えます。


DSCF5813
まだ登り始めは雪はありません(^_^;)


DSCF5815
中道のおなじみ「おばれ岩」


DSCF5817
「鎌ヶ岳」
御在所に来ると、毎回のように撮ってしまう。


DSCF5818
地蔵岩に登っている若者達。


DSCF5819
キレットを過ぎると登山道が雪に覆われてきたので、アイゼンとピッケルを装備します。


DSCF5821
鈴鹿山脈北部の眺め。


DSCF5825
山頂は風が強く寒かったですが、あずまやでコーヒーを飲みました♪


DSCF5828
国見峠までは最短ルートで下りました。
無積雪期はブッシュがうるさいですが、雪が隠してくれます。


DSCF5830
下りは裏道。
まだ中又は登れんかな~(~_~)


DSCF5832
藤内沢出会でYさんからコーヒーを頂きました。


DSCF5834
遅くなりましたが、藤内小屋のご主人に新年のご挨拶。
なかなか宿泊利用できていないので申し訳ないm(_ _)m

ついでに吊り革を使って、懸垂100回トレーニング(笑)
コーヒーを頂いたのに酷い仕打ち(^_-)


DSCF5835
去年の台風の爪痕が残っています。
道路が流されてしまってます。


DSCF5838
御在所サービスエリアでラーメンをゴチになりました。
ありがとうございますm(_ _)m

お疲れさまでした!

2018/1/15~17 槍ヶ岳横尾尾根敗退!


この冬の目標山行のひとつ。

厳冬期の槍ヶ岳に横尾尾根から登り、中崎尾根で新穂高に下りる計画。
トレースの期待できる年末年始はあえて避けました。
パートナーはマロンおじさん。

しかし、残念ながら横尾尾根にすら乗れず敗退(T_T)
完全に実力不足。鍛え直してリベンジします。


DSCF5738
1日目(15日)
釜トンネルから入山しますが、冬季は通行止めなので歩いていきます。

冬の上高地も綺麗で魅力的だと思いますが…


DSCF5740
トンネル入口で登山届を提出。

マロンおじさんのリーサルウエポンである120ℓザックがパンパン(゚д゚)!


DSCF5743
釜トンネルは電気が点いている!?
おととしの3月に通った時は真っ暗だったが…


DSCF5746
大正池
穂高の山並みが見えてきました。


DSCF5751
河童橋
スノーシュー?の人達がベンチで休んでいました。

はっきりとしたトレースがあるのはここまで。
ワカンを履いて進みます。


DSCF5760
明神岳
ため息が出るほど美しい!!


DSCF5765
徳澤園も夏の賑わいが嘘の様にひっそりしています。


DSCF5773
横尾避難小屋に到着する頃には真っ暗になっていました。

ラッセル覚悟でこの時期に設定しましたが、やっぱりキツイですね。
ラッセルは膝か膝下ぐらいでも距離が長いので、思ったよりも時間が掛かりました。


DSCF5774
2日目(16日)
完全に寝坊(@_@)

雪化粧した前穂高岳を見ていると、無性に登りたい衝動に駆られます。


DSCF5791
3のガリーから横尾尾根へ登り詰めます。
気温がどんどん高くなってきて、寝坊したことを後悔します。


DSCF5793
色々と足らない要素が多く、無念ですが途中で戻ることに決定…。


DSCF5799
横尾避難小屋に戻ってきました。

食事中にネズミが寄ってきました、
昔、マロンおじさんはネズミにかじられた食料を食べてしまった経験があるようです。
さすが、数々の伝説を持つ男。


DSCF5800
3日目(17日)
予報通りの雨。


DSCF5807
水も滴るマロンおじさん。
6時間ぐらいずっと雨に打たれて、ずぶ濡れです。
タクシー利用を考えていましたが、平日は釜トンネルへはタクシーは来ないようです。


DSCF5810
ひらゆの森で温まって帰りました。

残念な結果となりましたが、反省点は多く、今後の糧としていきたいと思います。
マロンおじさんありがとうございましたm(_ _)m