ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

2021/1/28~29 トレーニング


アイスクライミングのトレーニング。
マロンおじさんの腰をいたわり、アプローチの少ない場所へ。
御嶽の濁河温泉に行ってきました。


1613349341336
「緋ノ滝」へ。
「ほもずしエリア」は既に3パーティぐらい入っており諦めました。


DSC_0000_BURST20210128151119435
アイスのシーズン始めがリードは少し緊張しましたが、傾斜が緩くて助かりました。


2021/1/26~27 湖南アルプス&和気アルプス


「ご当地アルプス」の2本立てですね(^_^)v

湖南アルプスの「堂山」は標高こそ400mに満たない低山ですが、稜線のかっこよさは標高以上のものがあります。

和気アルプスはなんと言っても眺望が良いです。
今回は和気富士から神ノ上山を辿る一般ルートでしたが、次回はバリエーションルートに挑戦してみたいですね。


RIMG2124
1日目(26日)
湖南アルプスは「堂山」へ。
変化に富んだ登山道と眺望の良さはお勧めです。

山頂から琵琶湖方面の眺め。


RIMG2129
稜線は岩も少しありますよ~。


RIMG2133
良い雰囲気♪


RIMG2140
「迎不動堰堤」
この他に「鎧堰堤」というのも有ります。

治水の歴史を感じます。


RIMG2145
2日目(27日)
和気アルプスは、まずは和気富士から。


RIMG2149
ここも眺めは抜群!


RIMG2157
竜王山。
凛としています。


RIMG2162
和気アルプスの最高峰!?
「神ノ上山」
山頂は広く、眺めが良いです♪


RIMG2166
衝立岩とザイデングラードを巡り、鵜飼谷北稜ルートから下山。

面白い山でした♪


2021/1/21 猪臥山


高山市にある「猪臥山(いぶしやま)」へスノーシューハイクへ出かけました。

この山、まず名前が読めませんでした(^^;)

雪たっぷりで短時間で抜群の景色が楽しめました♪


2021121 猪臥山_210123
「彦谷の里」から少し北上して、猪臥山トンネルの入り口付近から入山。
最初は広いフラットな地形が続きます。


2021121 猪臥山_210123_0
沢沿いから尾根道に変わります。
登りはトレースを利用してアイゼン登行。


2021121 猪臥山_210123_1
山頂手前のピークまで来ると思わず声が出るほどの絶景が広がります(*´▽`*)


2021121 猪臥山_210123_2
山頂ももちろん350度の大展望!


2021121 猪臥山_210123_3
日当たりの良い風の避けられる所でノンビリしました♪
至福のひと時です(*´▽`*)


2021121 猪臥山_210123_4
下りは敢えてノントレースの場所を選んで、スノーシューを楽しみます♪


2021121 猪臥山_210123_5
モコモコと自然の造形美。

今日もたっぷり楽しみましたね♪
お疲れ様でした!


2021/1/19~20 北八ヶ岳 天狗岳


北八ヶ岳の天狗岳へ行ってきました。
唐沢鉱泉から黒百合ヒュッテに宿泊して、東天狗、西天狗を周回するルート。
天候に恵まれ、素晴らしい景色を堪能できました(^^)v


RIMG2031
1日目(19日)
諏訪湖も今年はよく凍るでしょうね。


RIMG2036
冬季休業中の唐沢鉱泉からスタート。


RIMG2037
唐沢鉱泉の源泉池だそうです。
不思議な色をしています。


RIMG2050
本日お世話になる黒百合ヒュッテに到着。
シラビソ林に囲まれた静かな佇まいの山小屋です。
宿泊者が少なくても小屋内を温かくしてくれて感謝です。


RIMG2059
2日目(20日)
放射冷却で冷え込んだ朝。
冬型の気圧配置は緩んではいるが、まだ風が少し強い。


2021119~20 天狗岳_210123
高度を上げると素晴らしい景色が眼下に広がる。
稲子岳南壁が目立ちます。


2021119~20 天狗岳_210123_0
東天狗の山頂が見えた!


2021119~20 天狗岳_210123_1
東天狗の山頂から南八ヶ岳方面を望む。


2021119~20 天狗岳_210123_2
西天狗へ向かいます。


2021119~20 天狗岳_210123_3
西尾根を下る頃には風も弱くなりました。


2021119~20 天狗岳_210123_4
静寂の森を抜け唐沢鉱泉に戻りました。

冬季は天候不良で登頂できない時も多い中、登頂も出来て天気も良くて最高でした!
でも、なかなか上手くいかないところがまた面白さの一つでもあります。

お疲れ様でしたm(_ _)m


2021/1/16~17 金比羅山&堂満ルンゼ中央稜


1日目に京都金比羅山でアイゼントレーニング。
2日目は堂満ルンゼ中央稜を登ります。

両日とも天気は良いとは言えませんが、風は弱くて助かりました。
堂満ルンゼ中央稜は人気ルート。
順番待ちが出来ていました。


RIMG2007
アイゼンを履いて金比羅山のY懸尾根。
この時期のこの雨の中、登っているのは僕たちだけ。


RIMG2011
Y懸の頭に到着!


RIMG2012
手が届きそうな近くに虹(^o^)


RIMG2014
懸垂下降で沢に下りて、そのまま下山。


RIMG2015
2日目(17日)
雪の無い「イン谷口」を出発。

イン谷口?
この地名に何か怪しげな雰囲気を感じるのは僕だけか。


RIMG2017
ちょっと取付きを通り過ぎて下りる。
下から正規のラインで登ってきたパーティと同時に着いて恥ずかしかった(-_-;)


RIMG2018
中央稜の取付き。
雪がほぼ全く無いんやけど…


RIMG2020
このルンゼは落石が非常に怖いですね。


RIMG2021
怖ーいルンゼを抜けたら少しほっとします。


RIMG2022
第一支稜に乗ってから、急登を登り詰めると山頂!


RIMG2023
山頂からは琵琶湖が眼下に広がります。


RIMG2024
ここだけ見ると積雪が多いな~と思います。


RIMG2027
これも凄い名前の峠だ。
山名にもありますね。
そちらは「金糞岳」


RIMG2028
雪が少なくて12本爪アイゼンでは歩きにくい(~o~)
でも凍結が多いので、結構下までアイゼンで粘りました。

アルパインルートは条件が一緒ではないのが、魅力の一つでもあると思います。
だから同じルートでも何度も行きたくなります。
今度はもう少し雪の着いている中央稜も登りたいですね。

お疲れ様でした!